日本一時帰国中 1

一時帰国です.jpg昨日から子供を連れて、日本に一時帰国しております。今回は1年ぶりの帰国、ちょっとブランクがあるとところどころで日本を再発見、というかタイとの差をおもしろく感じています。

そこで、タイに長い私、タイで生まれた子供が日本で「え?」と思ったことなどを紹介。

私のスタンダードってすっかりタイ使用になってるなあ、と思いつつ、日本の良さ、タイの良さをそれぞれに発見。日タイ両方の国籍を持つ我が子にはどちらの良さも存分に感じてもらいたいな。

まず成田に着いて最初に子供が言ったのが、

「自動販売機で飲み物買おうよ」

自動販売機の写真1.jpgコインを入れて、好きな飲料の前のボタンを押して、ガラゴロ言いながらストーンと取り出し口に缶が出てくるのがたまらなく好きなようで、昨年しっかり味を占めた子供は、今回日本に着いたらまずは自販機でジュースと決めていたようです。

空港や駅、街角などいたるところにある自動販売機ですが、タイでは滅多に見かけることはありません。タバコの自販機が無いのはわかりますが、飲み物はあったら便利と思う一方、冷蔵機能がタイの屋外でどこまで耐えうるか。猛暑や豪雨で、あっという間に故障しそうな気がします。

タイにはこのタイプのを時々見る.jpgタイにも自販機があることにはあるのですが、なんだかあまり普及してない様子。クイーンシリキットコンベンションセンター、セントラルワールドなどにあるのを見たことがありますが、機械がやたらと大きい。飲料水のペットボトルがいくつか並んでいて、それを選択すると落ちてくるのが見えるという点では、子供も喜びそうですが、でも当たり機能がある自販機には勝てませんよね。子供にしてみたら、この機械の中でいったいどんなことが巻き起こっているのかと、興奮しますよ。

そうそう、スワナプーム空港、登場ゲートにも自販機があったのですが、お金飲まれちゃいました。20バーツ入れて飲み水を買おうとしたのですが、上から2番目にあったそのボトルの番号、何故か120番をいくら押しても反応なし。思い切り無視ですよ。近くに係員もおらず、親子で腑に落ちぬままその場を後にしましたが、あれ機械を軽く蹴っ飛ばしたら出てきたのかなあ。

てなわけで、日本に着いてから空港、実家近辺、実家マンションのロビーでと3本レモン水を買わされました。今日からあちこち電車でお出かけとなったら、母からもらったSUICAがあるものの発券機を使うはめになるのは必須です。

さてお次、それは空港職員の様子です。スワナプームでは、それはそれは人気者の我が子。最近買ってあげたお気に入りのサングラスでつんとお澄まし、時計やらハイカットスニーカーやら、ちょっくらませガキスタイルをさせていたこともあり、チェックインカウンター、荷物検査などにいる女性スタッフにもてまくり。

抱っこはされるは、時計は「お姉さんにちょうだい」と冗談で取られるは、名前はほとんど全員に聞かれるは、子供も困惑気味でしたけど。一方成田に着いてからは、タイほど女性スタッフが多くないというのもあるんでしょうが、一般の人も含め子供はノーマーク。タイの空港で、職員や周りの大人にあれだけちやほやされた我が子も拍子抜けするくらい、日本って他人の子供に関心示さないですよね。

ママ友って言うのね.jpgそれからマンションの中庭で、同じ学年くらいの子供が走り回っているのを見て、子供も一緒に遊びたそうでしたが、お母さんが目に見えないなんともいえない距離感を保っていてお近づき失敗だし。そういえば、日本って公園デビューとか言う言葉があるんだった、とタイで出産、タイで子育て、タイでの人間関係にもまれている私は、日本の社会をドキリと意識した瞬間でもありました。

それでは引き続き、1年ぶりの日本でのカルチャーショック、驚き、発見などをあれこれお伝えしていきたいと思います。