ヨウ素で頭はよくなるの?

鉄骨飲料.jpg私の母は「栄養オタク」です。小さい頃から、「この食品には○○というビタミンが豊富に含まれていて、●●と一緒に食べると相乗効果で体内に吸収されやすくなるから、たくさん食べるのよ」とか言われてました。そんなこと言われても、子供にとっては「おいしいか、まずいか」の方が重要であって、けれど子供が苦手な味もおいしく調理してくれた結果、好き嫌いがほとんどなく、学校の給食も残さず食べる子供でした。

その後10代の半ばくらいだったでしょうか、「健康ブーム」が到来し、機能性ドリンクが出てきたの。ドリンク剤とは違う、カルシウムとかファイバーとか特定の栄養素を閉じ込めたドリンク。鷲尾いさ子が踊る「鉄骨飲料」、山田邦子が真面目に話す「ファイブミニ」。おお、懐かしい。

寿司.jpg栄養素の高いもの、体にいいものを積極的に取り入れようというブームが、バブルの波に乗ってきたところがおもしろい。当時は好景気の真っ只中、飽食の時代。 旨いもの好きの父に連れられて、銀座の久兵衛の寿司とか、表参道南国酒家の北京ダックとか、10代にして大人の味を覚えてしまってたなあ。あまりに贅沢で、あまりにおいしいものが簡単に食べられることの反動のように、食事で補えない不足がちな栄養分をドリンクやサプリメントで採ろうという風潮が、「健康ブーム」のはしりだったような気がします。

機能性飲料は、その後もアミノ酸を使った飲料、特定保健用食品としてのヘルシア緑茶などが出てきました。黒酢リンゴ酢などのお酢ブームもあったし、ワイン以外で摂取するポリフェノールが注目されたこともあったり、高血圧を予防するカルピスアミールとか。

今でも日本の母からは、「葉酸」などのサプリが届きますし、子供用のお菓子も必ず、カルシウム豊富とか一言栄養チェックが入ったものですからね。一方、タイママの栄養関心度はどうかというと、日本の母が100だとしたら、タイママはその半分くらい。今日のメニューを説明してくれるときも、栄養素を表す単語は1つも出てこないし、食べたらどこそこにいいという話にもならない。でも、タイママの料理には、家庭科の時間で習った「赤:たんぱく質」「黄:炭水化物、糖質」「緑:ビタミン、ミネラル」がしっかり揃っているし、「1日30品目」も軽く越えている。

栄養素とは何たるものかが発見される以前から、人類はものを食べていたわけで、栄養を取り入れるという意識は、はるか昔の人類からDNAとして体内に自然に備わっているように思うのです、というか本能だよね。バブル以降の日本のように、あらゆるものの味を知り尽くしてしまった反動か反省かで、健康ブームが起こり、栄養素が注目されたのではないでしょうか。

タイでもここ数年「栄養への注目度」が上がっているようで、それを象徴するニュースがありました。

Newsclipウェブ版より

タイ政府は15日、国民のヨウ素摂取を推進するキャンペーンを開始し、バンコク都内の会場で、アピシット首相、ジュリン保健相らがヨウ素の重要性を説いた。

わかめ.jpg「タイの力を結集。ヨウ素増量でIQ(知能指数)上昇」と銘打ったこのキャンペーンは、タイ児童のIQが比較的低いのはヨウ素不足が原因だとする分析に基づき計画された。自治体レベルでヨウ素の摂取量増加に取り組み、「ヨウ素の日」に制定した来年6月25日に優秀な県を表彰する。

 日本の独立行政法人国立健康・栄養研究所によると、ヨウ素は海藻類や魚介類に豊富に含まれる元素で、不足すると、甲状腺ホルモンの生成が出来なくなり、精神発達の遅滞、甲状腺機能低下症などを引き起こす。妊婦のヨウ素欠乏は子どもの精神障害と神経系の障害を伴う成長不全をもたらすという。

 タイ政府が2009年に実施した知能検査では、6―14歳のタイ児童の平均IQは91・4だった。経済協力開発機構(OECD)が同年、65カ国・地域の15歳を対象に2009年に実施した「学習到達度調査」(PISA)で、タイは47―52位と、トリニダード・トバゴ、ルーマニアなどとほぼ同レベルだった。

ヨウ素は海藻類に多く含まれるため、日本ではむしろ過剰摂取が話題になったこともありますが、タイでは子供達のIQを上げるためにヨウ素の摂取を強化し、ヨウ素の日まで作っちゃうなんて、おもしろすぎます。頭がよくなる栄養素って、ドコサヘキサ・・・のDHAじゃなかったの?魚の目玉じゃなかったっけ?

PEPTEIN.jpgタイでも、ここ数年機能性飲料が増えてきました。ほとんどがフロムジャパンなんですが、日本人は味噌や豆腐など大豆食品を多く採るから勤勉勤労なんです、というCMを見てひっくり返りそうになった大豆ペプチド飲料とか、コエンザイムQ10とか、アミノウォーターとか。

栄養摂取の基本は、毎日の食事からだと思いますが、経済成長の只中では時間をお金で買い、手っ取り早く栄養補給できるのがいいんでしょうかね。

それにIQアップのために、ヨウ素も大事だと思いますが、読書を推奨して考える力を育てる方がいいような気もしますが。ま、来年のヨウ素の日を楽しみにしたいと思います。

 

他のサイト記事

ベトナムに最先端製鉄技術を導入!2

 しかし、ITmk3の真価は、鉱山から比較的近くに...

วัดซังจูซังเง็นโด (sanjusan gendo)

วัดซังจูซังเง็นโด เคยเป็น...

เทศกาลหิมะ

เทศกาลหิมะ เป็นเทศกาลฤดูห...

ハローウィンパーティー

10月31日の土曜日に、友達の家でハローウィンパー...

月曜日の屋台

今日、朝ごはんを屋台で、買おうと思ったら、いつもい...

The Culture of Rice

As soon as rain drops to ...

Thai Food 3 - Coconut Milk

We cannot talk about Thai...

Haxxriカードのこと

日本に電話をする時、よくHaxxriカードを使いま...

有名なタイラーメンの店

多くのタイ人から聞いた事のある、おいしいと有名なタ...

タイの魅力

タイ生活9ヶ月。ビザが切れることもあり日本へ10日...

タイ 塾のワンちゃん

うちの塾には塾長が飼っている2匹のワンちゃんがいる...

バンクーバー五輪 スピード競技ウエア 下着透けてる?

日本の技術は最高レベル、美的センスが足りない?...

Phra Pradaeng Long-Boat Races

This festival originated ...

Fried Durian

One of the most famous fr...

ヨガ

こちらタイではヨガがかなりはやっているような気がし...

タイ 厳しいイミグレ

オフィスのオバハンに足りない書類を指摘され、がっか...

スリランカも政府顧問に任命か !

タクシン元首相の妹婿ソムチャイ元首相は12月30日...

ファランポーン駅にも来ることがある

 理容専門学校のインターンがタダでやってくれるから...

ラチャダ通りの渋滞...1

 一方、アソークから北に上がるアソークモントリ通り...

アフリカ人の問題は結構深刻5

 偽造クレジットカードによる詐欺を手がけるアフリカ...

ベトナムに新幹線が走る日18

 それでも、ハノイとホーチミンシティの間の飛行機は...

2009年、話題になった三面記事②

今年は日本でも美人(?)詐欺師が話題になりましたね...

ハンブルガーFWゲレーロ、飛行機恐怖症でドイツに戻れず

飛行機の事故は自動車事故の何分の一か!...

家賃

タイの家賃はどんな部屋を借りるかによります。(当た...