郊外の車窓から

私が住んでいるのは、ぎりぎりバンコクという他県に限りなく近い郊外、中心部から、幹線道路もしくは高速道路を走ること約30キロ、という位置に我が家はあります。東京タワーが見える大都会で育った私が、今となっては自然溢れる郊外に暮らしているわけで、結婚当初はちょっとドライブで目にするものによくびっくりさせられたものです。

バンコクはすっかり車社会であることは周知の事実ですが、郊外に入ると電車も地下鉄も無いわけで、より車の必要性が高くなります。なのでどこへ行くのも車、という生活を送っているのですが、スクンビットをドライブしてても決して見ることのできない、郊外を走る車の窓から見える風景について、今日はお話したいと思います。

 

まずは動物系。自然溢れる郊外ですから、鶏、牛、水牛、山羊などを見かけるのは日常茶飯事のことです。

ไก่.jpg見てください、この雄鶏の立派なこと。日本の白い鶏と、全く違いますよね。赤い鶏冠につやつやの黒い羽、足はきゅっとしまって見るからに強そうなんですが、本当に強いようで、この手の鶏は闘鶏用として飼育されているものも多いのです。

こんな鶏が、大通りに出る手前のローカルな道の端でピョコピョコ群れているのをよく見かけます。タイには鶏専門誌があり、見る人が見ると1匹1匹に特徴があるらしく、旦那の知り合いにも強い闘鶏を育ててひと儲けした人がいます。

ควาย.jpg

こちらは水牛。我が家の近くには父母子と思われる親子3匹がいます。日中牛舎から出て、草地を散歩しているところによく出くわします。もともとタイでは、水牛は沼地での行動に適しているため、水田で働く大切な労働力として重宝されていました。近年では、水牛の数が減ってきているようですが、地方では今も水牛者を使って水田を耕しているところもあります。体は大きく1トン級ですが、性格はとても穏やかだそう。

タイの国民的バンド「カラバオ」はタガログ語で水牛を意味し、水牛の角と頭がトレードマークとなっていますね。

こういった家畜動物のほかには、爬虫類系も多いですね。代表格は夜になると出てくるヤモリ。照明に群がって壁にへばりつく大量のヤモリを初めて見たときとは、思わず後ずさりしましたが、今となっては家の中に1匹、2匹紛れ込んでもどうってことなくなりました。庭の木にカメレオンがいたときもありましたし。

ただし、それ以上の大きさの爬虫類はやっぱり怖い。ワニ一歩手前くらいの大きさのイグアナが道路を横断しているのには、思わず急ブレーキをかけましたよ。郊外はまだまだ空き地が多いため、湿地帯から湿地帯へのそのそと移動する動物がいるようなんですが、陽光がまぶしいのか、路面が熱すぎるのか、地面でのたうちまわっている大蛇を見たときは、本当に恐怖でした。

次は乗り物系。同じ車道を走ってはいるものの、郊外の路地を後続車にどんどん追い越されながら、のらりくらりと走る乗り物があります。

自転車屋台.jpg

それがこの物売り自転車。郊外ですから、路地に入れば片側1車線は当たり前。そこを嵩のある自転車が走っているわけですから、後ろを走る車はスピードを落とし、反対車線も見て十分に注意して追い越し。自転車の方は、わが道を行ってる感じで、マイペースで鐘をチリンチリン鳴らしながら走ってます。

バイクバージョンもありますが、主に住宅街など人の多い地域を走って商売をしています。カットフルーツ、コーヒー、アイスクリームなどの食べ物から、お供え用の花、箒、網戸の張替えなど、あらゆる物が売られています。

不思議な車.jpg

そしてこれ。バイクの前方にリアカーが付いた車。写真は私のベストシネマ「Nacho Libere」の中のものですが、郊外にはこの車が多い。写真よりも大きいリアカーに、建築材を積み込んだり、伐採した木を積んでいたり、主に土木作業で使われる車のようです。時々、人が数人乗っていることもあり、危ないなあと思いながら追い越しますが、いつか運転してみたい。

都心から渋滞が無ければ30分で戻って来られるけど、車窓からの眺めはガラリと変わるんです。それにしても、穏やかなだなあ、私の日常・・・

 

他のサイト記事

交通事故の3分の2が二輪だというベトナム!

 ホーチミンシティ行政圏内で昨年1年間に起こった交...

การปกครอง

ระบอบการปกครอง : ประชาธิ...

ตุ๊กตาดารุมะ

ดารุมะ เป็นตุ๊กตาไม้ของญี...

辛くない臭くないタイ料理

辛いものと香草類が苦手な友達が日本から来たときに、...

ガラメー

先日タイのお菓子、「ガラメー」をもらいました。...

Sticky rice in bamboo tube

Nakhon Pathom which is fa...

Activities in Thailand 2 - Muay Thai Class

Muay Thai is symbolized t...

深夜のチャトチャック公園で強盗殺人

12月5日午前0時30分ごろ、バンコク都内チャトチ...

タイ風カスタードクリーム

タイ風のお菓子はいろいろあるのですが、この間パンの...

ユニオンモール

休日、ユニオンモールに行ってきました。私が住んでい...

タイ バイク

今日朝から熱があり、しんどいので駐在員のおじさまに...

ワインガーデン

 フランス本社の酒造メーカー「ペルノ・リカール(タ...

khanom Luk Chub

khanom luk chub are made ...

タイの麺類

タイ料理はいろいろなものがあるのですが、麺類もかな...

タイ インターネットカフェ その2

カオサンの近く(サムセン)に2か月ほど滞在していた...

相次ぐ釣り人の遭難!

昔からレジャーとして根強い人気を持つ「釣り」。海や...

タイにもいる不良連中

 しかし、頭文字D(イニシャルディー)をマネて「公...

ホイクワンで一番うまい中華料理屋?

 そんな中でふくちゃんが行きつけにしている中華料理...

エリートクラブ特殊ビザの在留許可は90日まで

 タイランドエリートクラブ会員に与えられる特殊ビザ...

バンコクからラオカイへの行き方5

 日本人と韓国人が空路でベトナムにビザなし入国する...

来年の経済成長率、最高4%

景気がよくなって!...

地方ごとのバリエーション

中部が辛いんですね!...

ワイン?

タイ人がワインを飲む...というのがイマイチピンと...