レディーガ・ガガ旋風

ドンムアンに到着したガガ.jpg以前こちらのブログで紹介したレディー・ガガのライブが、いよいよ明日に迫りました。実は私のところにもチケットあるから行かない?とお誘いがあったのですが、残念無念明日はどうにもはずせない家族の用事があるのです。

今月10日から13日は日本でも公演を行ったアジアツアー真っ最中のレディー・ガガ、昨日23日にバンコク入り。そのときの映像が、今日は朝からニュースやワイドショーで繰り返し流されています。空港で出迎えた熱烈なファンの人たちは、全世界共通なのでしょうがレディー・ガガファッションに身を包み、これはタイならではなのかもしれませんが、女性寄りの男性が多く映しだされていました。

ロイターより

アジアツアー中の米人気ポップ歌手のレディー・ガガが23日、タイ・バンコクのドンムアン空港に到着。コスプレ姿のファン数百人から熱烈な歓迎を受けた。

お得意のポーズ.jpgガガの公演をめぐっては、そのスタイルが過激すぎるなどとしてインドネシアやフィリピンなどで抗議活動が行われたが、タイでは見られていない。25日のチケット約5万枚はほぼ完売だという。

 出迎えた20歳の男性ファンは、「われわれは彼女の本当のファンだ。彼女がタイに来たことで私の夢がかなった」と話、興奮を抑えきれない様子だった。

色とりどりのウィッグ、ガガっぽいサングラスや髪型、ファッショに身を包んだファンは、テレビで見ていてもものすごい熱狂ぶりで、ガガが車に乗ってホテルへ向かった後は「よかったねー」と同士と抱き合いながら泣く人も続出。

タイでは歓迎モードのみでしたが、アジアの他の国の一部では抗議行動があったそうです。

アメーバニュースより

その過激な歌詞やきわどい衣装のせいでインドネシア・ジャカルタでの公演が中止の危機にさらされているレディー・ガガが、許可が下りるのならたった一人でステージに上がる覚悟もしていると語っている。

火吹いてます.jpg6月3日に予定されているジャカルタ公演のチケットはすでにソールドアウトとなっているが、ここにきて一部の強硬派は、彼女に"悪魔の使者"とのレッテルを貼り猛抗議。これを受けてジャカルタ警察庁は、一度は出した公演許可を取り消してしまった。

このままでは公演中止を余儀なくされてしまうため、イベントプロモーターは現在も交渉に交渉を重ねているとか。またガガ自身も、公演が不適切であるとの懸念があるなら、バックダンサーを付けずソロでステージに立っても構わないとコメントしている。

自身のツイッターにて彼女は、「公演が予定通り行われるのなら、一人でパフォーマンスするつもりよ」とつぶやいている。

常に物議の対象となるガガのパフォーマンスだが、先日開催されたフィリピン・マニラでの2公演も、1日目のパフォーマンスが良識に違反しているとされ、危うく2日目の公演が中止になる寸前までいっていたという。

ランカムヘン通りにあります.jpg朝からタイのメディアではガガ旋風が巻き起こっていますが、明日ライブ当日は月末の金曜日とも重なり相当な交通渋滞が予想されます。ライブに行かれる方はできる限りお早めに、またそうでない人もランカムヘン周辺を通る予定の方、これは私自身がそうなのですが迂回ルートを調べておく必要がありそうです。

タイ通より

人気ポップ歌手のレディ・ガガさんが、今週金曜日(25日)にバンコク都内ラジャマンガラ・スタジアムで公演を予定している。

いよいよ明日.jpgタイ地元紙によると、同スタジアムへの来場者が5万人に達することから、周辺地域の渋滞は避けられない見通しとなっている。

 これに対し首都圏警察は、当日午後3時から6時までラムカムヘン通りソイ26を一方通行とするなど、渋滞対策を進めていると明かしている。

午後5時開場、7時半開演です。終演時刻と併せて車の渋滞に巻き込まれませぬよう・・・。