エアポートリンクに物申す

負けるもんですか.jpgタイに移り住んでだいぶ経ちますが、タイに来て初めてタイ人とタイ語で喧嘩をしました。それだけ、神経が太くなったのか、タイ語が上達したのか。でも、あの状況で大人しくしていられる人はいないのでは・・・

タイでOLをしていた頃、日本人の上司がタイ人と日本人との仕事に対する姿勢の違いについて文句を言うのを、よく聞かされたものです。

上司がよく言っていたのは「日本人は次の次の展開まで物事を読んで行動するけど、タイ人は言われたこと課されたことしかしない」。

彼曰く、日本人は細かいことに気が付き、それでもって融通が利くんだそうです。でも、先読みしすぎて、気配りしすぎて滑ることだってあるし、今やるべきことをとことんやるタイ人の仕事も私は評価するべきだと思ってました。

けどね、今回ばかりは「自分の任務だけをあくまでも遂行する」タイ人にぶっちぎれてしまいました。

先週、日本から仲良しがこちらに遊びに来ていたのですが、帰りの飛行機が夕方のゆっくりの便だったので、せっかくだからエアポートリンクに乗ってみたい、ということで空港まで一緒に送って行きました。無事にチェックインまで見届けた後、各駅停車のシティラインに乗って、スワナプーム空港の隣駅ラックラバンで一度下車。ここで、タイママの兄弟宅にちょっと寄り、夕方5時過ぎに再びラックラバン駅から乗車。行き先は、終点のパヤタイ駅です。

券売機.jpgエアポートリンクのシティラインの料金は、初乗りが15バーツ、その後一駅毎に5バーツ加算されますから、ラックラバンからパヤタイまでの料金は40バーツ。そんな計算をしなくても、券売機は英語とタイとの2言語ありますし、行き先である「パヤタイ」を押しせば、自動的に40バーツと表示されます。表示通り、20バーツ紙幣2枚入れて無事購入しました。

ちなみに、100バーツ札を入れた場合、お釣りは全額コインで出てきます。ですので、100バーツ紙幣以上しかない人は、この券売機に並ばず、直接窓口で購入する人が多いようです。

エアポートリンクの切符は、MRT(地下鉄)と同様コインタイプ。MRTは黒ですが、こちらは赤い10バーツ硬貨と同じくらいの大きさのコインです。

夕方のエアポートリンクは、スワナプームから乗ってきた海外からの観光客もいますが、一般のタイ人が思いのほか多かったですね。信号の無いモーターウェーの上を、更に早い速度で走るエアポートリンク、ものの20分少々で終点パヤタイ駅に到着しました。

ホームから改札口のある階まで、次の予定が迫っていたので少々早歩きで狭い階段を降り、改札口までやってきたところで、前の人が通過する瞬間にいきなり改札機の扉が閉まった。が、そのままその男性は行ってしまい、ディスプレイには赤のバッテンが表示されました。

改札口を通るのは、ベルトコンベアで運ばれているようなもんですから、「あ」と気づいたときには、私の手元の切符は改札機に半分入りかかっており、案の定引っかかり、係員にストップを食らいました。「前の人が強行突破で行ってしまって、後ろで詰まって出れなくなった」と状況説明したところ、「ちょっと待っててください。切符を見せてもらえますか」。

私の後ろに続いていた人も当然3人ほど詰まって、切符を手にしたまま外に出れない状態。私の前の人が詰まったのに、何で私の切符が?と思いつつコイン切符を渡すと。

ぶっちぎれ寸前.jpg改札機隣の窓口にスタッフがいなかったため、反対側の改札口の窓口まで行ってしまった。この係員は、軍隊のような制服に帽子を被った若いお兄さん。あちら側に行ったきり、なかなか帰ってこない。

次の予定に遅刻するじゃないかあ、と焦りつつもう1人の同じ制服を着た係員に「私の切符は券売機でちゃんと買ったものだし、急いでいるので出してもらえないか」とお願いしてみたところ、頑として「マイダイ(だめです)」。いくら私が、自分の身の潔白を伝えようにも「切符を確認してからです」の一点張り。そのうち、私の後ろで足止めを食らっていた外国人のおじさんもイライラが始まり、「It's not our fault」の合唱が。

待つこと5分、ようやく私の切符を持っていった係員が戻ってきたと思ったら「5バーツ足りません」。ひぇえーー、運賃不足なのは私の前の人だろうが。ちゃんと機械で正規の料金払って乗ってきたというのに、何で!?ここまできたら最後まで決着を付けたい、相手に非を認めさせたい気持ちが大きくなる一方、次の予定は遅刻確定、結局人を待たせる申し訳なさが勝って、腑に落ちない5バーツを渡して、扉を開けてもらいました。

chemi.jpgむかついた。最後に捨て台詞のひとつでも吐きたいところでしたが、そこまで私のタイ語はネイティブではないので、思い切り大きなため息を聞こえよがしについて、立ち去りましたよ。BTSのパヤタイ駅でも、券売機、窓口は長蛇の列。「ああ、もういやだ」とまた列に並んだとさ。

かつて東京で電車通勤をしていた頃も、電車の遅延、酔っ払い客、人込みに連日ストレスを感じていましたが、それ以来久しぶりにイヤフォンでがんがんにChemical Brothersを聞いて目的地まで行きました。

他のサイト記事

S-Foneに再度、韓国資本導入へ!

 携帯電話4位「S-Fone」を運営するサイゴンポ...

เครื่องรางของญี่ปุ่น (Omamori)

คนญี่ปุ่น ยังคงมีความเชื่...

ฮาราจูกุ

ฮาราจูกุ แหล่งรวมแฟชั่นทั...

プレゼント

同じ学校で半年間、一緒に勉強してきた友達が辞めるこ...

フェイシャル(1回目のパックから)

フェイシャルに行って、毛穴ケアの続きです。...

Crocodile Farm and Zoo

The Crocodile Farm was bu...

Thai Drink 10 - Sugar Cane Sap Drink

In the many market, you m...

サブ- マダムヘン (マダムヘンの石鹸)

マダムヘンの石鹸、普通のスーパーで売っているサムン...

マーカブーチャーの日

今日2月28日は、マーカブーチャーの日(万仏節)で...

タイ 有名人にナンパされた?! その2

彼らのうちの一人がやはり私に電話番号を教えてきて、...

Tak

Tak is one of the provinc...

Muslims in Thailand

Muslims comprise Thailand...

機関銃で殺害

先月の事件なのですが、19歳の娘さんが実の父親を、...

タイ バナナ

タイのお菓子はバナナをつかったものが多い。...

ハイチ、70代女性を7日ぶり救出!

ハイチの首都ポルトープランスの大聖堂近くで19日、...

水の代わりにスイカを食べる

 熱帯のタイは果物の種類が豊富。タイを訪れる外国人...

4位韓国も結構使う

 4位は韓国、32,000バーツほどというレコード...

バンコク首都圏最東部を見直す13

 如水館バンコクインターナショナルスクールのあるス...

ベトナム航空史10

 その頃、ベトナム航空は体質改善のため、ソ連製機材...

ゴルフアンドマイク

タイのジャニーズゴルフアンドマイク。日本でも精力的...