水琴@プルンチット

バンコクにはこれでもかというくらい日本料理レストランがあります。タイ系、日本系、味も値段もピンきりですが、今日は「ここは旨い」と大変評判なお店を紹介したいと思います。

タイに来てずいぶん経つ私の舌は、すっかりタイ料理使用になってきていて、ナププリックガピ(海老ペーストで作るお袋の味)のうまい、まずいなんかに利くようになってしまってますが、それでもやっぱり私は日本人。たまにね、ちゃんとした日本料理が食べたいわけですよ。とんかつ、ラーメン、カレーじゃない、生粋の日本料理をね。

という私の気持ちをしっかり満たしてくれる、おそらくバンコクで一番おいしい和食のお店を、今日は自信を持って紹介したいと思います。

外観.jpgお店の名前は「水琴」すいきん、って読みます。場所はBTSプルンチット駅の近く、突き当たりに日本大使館のあるウィッタユ通りを渡った所にある、黄色が目印のアユタヤ銀行の裏手にあります。この一等地に悠々2階建てとは、それだけでも贅沢な感じが否めませんが、駐車場もいつもいっぱいですよ。

その駐車場の車のラインナップを見る限りでも、「日本人率高いだろうな」と思わされますが、がらっと店内に入るとそこはもう日本。「いらっしゃいませー」と威勢良く出迎えてもらえます。

右手奥には厨房が覗けるカウンター席。左には大きなテーブル、そのテーブルを囲むように、個室が壁際にコの字型に並んでいます。カウンター席には常連っぽいおじ様たちが座っていて、お店のオーナーらしき男性と談笑しながらすごい刺身の盛り合わせを食べていました。

私が入ったのは、角の個室。個室とは行っても、完全に仕切られているわけではないですから、ほどよく店内のざわざわ感が伝わってきて、スタッフにも声を掛けやすい、というのもいいですね。

メニューは写真付きですが、ここはかなりの有名店なので行ったがなくても、私の頭の中にはお勧めメニューがインプットされておりましたけど。

豆腐盛り合わせ.jpgまず頼んだのが豆腐料理。20代の頃は、豆腐料理ってマーボー豆腐くらいしか食べないよね、なんて言ってたのが、やはり三十路を越えると、純粋に豆腐そのものの味が楽しめるようになり、メインには踊り出ることがない豆腐を存分に食べようと、お腹空かしてきました。

メニュー1ページ分にどかんと豆腐メニューがあるじゃないですか。オーダーしたのは、豆腐4種盛り合わせ。その中で、ダントツに美味しかったのが峰岡豆腐、そして好物のゴマ豆腐、というわけで、あらためて単品でその2品を追加。

肉も魚も食べる前に豆腐でテーブルが埋め尽くされましたが、峰岡豆腐万歳。峰岡豆腐とは、豆腐と呼ばれてはいるものの、実は豆腐じゃないらしい。豆腐のように見えるだけで、実は葛粉でできているらしい。なもんだから、プルンプルンでありながら、舌の上で転がしててもすぐには溶けない。牛乳もしくは豆乳を入れて作られるそうですが、味はほんのり甘く、お醤油ではない専用の薄い出汁で頂きます。ゴマ豆腐もこの峰岡豆腐と同じく葛粉からできているそうなんですが、東京で暮らしていたってそうそう出会える味、食感ではないなと思いました。

いやあ、豆腐でお腹一杯になっちゃったぁ、となったら勿体ないので、次のお皿を頼むことに。続いては、アボガドとマグロのサラダ、そしてからすみ大根。どちらも、タイの生活でなかなか見ることのできない食材です。サラダの底にはこれまた豆腐が敷き詰められており、和風ドレッシングがほどよくしみ込んで、また豆腐にやられてしまいました。

牛刺身.jpgそして本日のメイン「佐賀牛」です。石で焼くタイプもありますが、今回は刺身をチョイス。いやあ、私の舌もずいぶん大人になったもんだと、我ながら思いましたが、生の霜降り牛に完敗でございます。お醤油を入れる小皿が2つありますが、ひとつはワサビ、もうひとつには生姜、ネギ、ニンニクなどの薬味を入れて食べます。テーブルに運ばれてきたときは、まだ少々凍っていますが、眺めているうちに程よい具合に。ワサビで一口、きたーーー!と感動した後は、薬味を絡めてもう一口。こんな贅沢をしてよいのかと思うほどのお味でございました。

今回はお酒を飲んだこともあり、そのほかにもお刺身やサラダ系の軽いメニューにしましたが、メンチカツやビーフシチューなどがっつり系も美味しいらしいですよ。

豆腐チーズケーキ.jpgお腹一杯になったとはいえ、ここのデザートを食べないわけにはいかぬと、デザートは2種頼みました。またも豆腐。豆腐レアチーズケーキと豆乳プリン。どちらも最高でしたが、レアチーズケーキには本当に参りました。上品なスウィーツってこういうものを言うんだ、日本人に生まれてよかったと思いました。

タイに長い人、本当の日本の味に飢えている人、是非是非お出かけください。夜は予約した方がいいですよ。

 

看板.jpg水琴

最寄り駅:BTSプルンチット徒歩3分

電話:02-252-2002

営業時間:ランチ11:30-14:00 ディナー18:00-22:00

 

 

 

 

他のサイト記事

豊通と双日のレアアース開発を国策事業に!

 グエン・タン・ズン首相は10月31日、ASEAN...

โคชิเอ็ง (Koushien)

สนามกีฬาฮันชินโคชิเอ็ง แ...

หลักการจำ9

การที่เราสอนลูกศิษย์อยู่แ...

旅の計画

12月26日から1月5日まで、TLSでは年末年始の...

ワット トム ジェディー

「ワット ポーティーセーティーバイシー」を出て、次...

Krabi Krabong

Krabi krabong is a weapon...

Multicultural Thailand 1 - Garuda

If you have benn to Thail...

チュ-レン (あだ名)

タイ人は皆あだ名を持っている。 「ブタ」とか「小さ...

タイ 駐在員のおじさまとお出かけ その2

勝手に話が思わぬ方向へすすんで、どうにもならなくな...

The Dangers of Sleep Deprivation

Many studies make it clea...

Khao Yaii National Park

Khao Yaii National Park, ...

タイ語のきまり文句(3)

海外では「Yes」か「No]という自分の意思表示を...

タイ 映画館

タイ・バンコクの映画館はタイ映画に関しては英語字幕...

ビンラーディン、米航空機テロ未遂の関与認める!

カタールの衛星テレビ「アル・ジャジーラ」(電子版)...

スリンに行ってきました

 ふくちゃんは、週末を利用してイサーン(タイ北東部...

Windows7の海賊版登場

 22日に発売されたばかりのWindows 7のコ...

サマック元首相死去2

 サマック元首相は1935(昭和10)年6月13日...

ベトナムのビール消費事情11

 ちなみにビール需給世界一の座についたのは、お隣の...

<磯谷香代子議員>「フリーター」実は「資産家」

注目すべきはそこではなくて。...

プラチンブリ

あんまり聞いたことないかもしれませんが、県の名前で...