Silom Complex(シーロムコンプレックス) 1

Silom Complex外観.jpg初めてタイに来た時に泊まったホテルは、シーロムエリアのコンベント通りにありました。女友達と、アジアに行こう企画をしていた頃で、韓国の次に選んだ国がタイ。

この選択が、後に私をタイに住まわすきっかけとなったのですが、当時タイ語は全くわからないし、ツアーではありませんでしたから、その日に何をする、どこに行くというスケジュールは友人と二人で、毎日試行錯誤。ホテルでの朝食を済まし、とりあえずお茶しながら考えようと毎日の出発点となったのが、BTSサラデーン駅直結のデパート「Silom Conplexシーロムコンプレックス」でした。

その旅をスタートに、3年間で10回もタイに通い、これだけ好きなら住んじゃえ!と思い切ってタイにやってきたわけですが、その後長くタイに住み、バンコクのありとあらゆるデパートに出入りするようになったものの、未だに何かと足を踏み入れる、そしてなんだか落ち着くシーロムコンプレックスを今日は紹介したいと思います。

外のセントラルのマーク.jpgSilom ComplexはBTSのサラデーン駅直結、地下鉄MRTのシーロム駅からも歩いて2分ほどの所にあります。シーロムと言えば、昼はオフィス街、夜は歓楽街。Dusit Taniやクラウンプラザ(元パンパシフィック)など有名ホテルもある、観光客の非常に多い街でもあります。煌びやかで派手な構えの店が並ぶシーロム通りにおいて、このSilom Complexはやや地味目。観光客だったら、圧倒的にエンポリアム、パラゴンの方が魅力的に移るのでしょうが、近くで働く会社員、OLなどもターゲットに入れた肩の凝らない、タイっぽさが出たデパートではないでしょうか。

さて、タイのショッピングモールは、大概中央部分に大手のデパートがあり、その周りに一般のテナントが入っています。エンポリアムも中央部分はThe Mall系列のデパートですが、そこを囲むようにレストランやブランドショップが並んでいますよね。

このSilom Complexの場合は中央にCentralデパートが入っています。数年前までシーロム通りを挟んだ向かいに、やはり何とも言えないちょっと寂しい感じのロビンソンデパートがありましたが、現在はシーロムエリアでデパートと言えばこのCentralのみとなりました。

セントラルのロゴ.jpgということで、1回目はまず中央のCentralから見ていきたいと思います。

G階(1階)は、靴、バッグ、服飾雑貨、化粧品、時計売り場などがあります。この中では靴を時々見ますが、タイのブランドがメインで価格帯は2千バーツ前後。デザインが大人の女性向きで、もうちょっと若いデザインが欲しいかなという印象ですね。エスカレータ脇にはNINE WESTがありますが、タイでは日本よりずっと高級ブランド扱いとなっています。

BTSの駅と直結している2階は婦人服売り場。入り口付近にあるNext Phaseというブランドが私のお気に入りです。レーヨン、ポリエステルといったテロっとした素材のパンツ、ブラウス、スカート、ワンピースとサマーニットが揃っています。私が好きな最たる理由は「無地しかない」ということ。柄物が多いタイの洋服ですが、ここは色も抑え目で無地なのに地味にならない上品な雰囲気が好きで、よくお世話になっています。

Next Phase Dress.jpg価格帯は1500バーツくらいからですが、いつも一部割引されています。シルバーと淡い紫、グレーブルーとダークブラウンなど、それぞれのシーズンのデザインをツートンのカラーでディスプレイしているところも魅力ですね。シルクみたいな手触りだけど洗濯機でお洗濯できて、着心地も抜群なこちらのブランド、日本の方にお勧めです。他にはESPRIT、LOLITA、ESPADAなどが入っています。

さて、ひとつ上がって3階には紳士服&スポーツ用品売り場。時々旦那の下着などを見に行く程度なので、ちょっとスルーさせていただいて4階へ。このフロアは平日の夕方に行くと、学生で大賑わい。というのも、サラデーン通りにあるお嬢様学校の制服を着た女の子達が、雑貨ショップ、サンリオショップそして、一番奥にあるタイの大手書店兼文具店のB2Sに集まっているのです。

B2S.jpgB2Sはセントラル、ロビンソン系列ですから、あちこちに入っていますが、ここの支店ほど学生で溢れかえっているところはない。絵の具を選ぶ子、お菓子を買う子、最新のCDをチェックしてる子、雑誌を立ち読みしている子、タイの放課後の様子がそのままこのお店で再現されています。

このフロアの反対側には家電用品を扱う売り場、中間にはベビー子供服の売り場もありますが、B2Sだけ異様に盛り上がっていて、レジも大混雑。レジでコピーサービスなどもしていることから、高学年の学生達が通っているのかもしれませんね。いつもレジで待たされながら、遠い昔の高校時代の日々、放課後の雰囲気を思い出してみたりしています。

Silom Complex全体では、B1階から5階までが商業施設となっていますが、CentralデパートはG階からこの4階までとなっています。5階部分はオーストラリアの英語学校、B階はレストラン街となっています。

では、次回はCentralを取り巻く周りの一般テナントを紹介したいと思います。

他のサイト記事

แมวนำโชค

แมวนำโชค หรือที่ประเทศญี่...

バス停でケガ

先日バスから降りる際に、ケガをしてしましました。 ...

クイジャップ

屋台がいっぱいあるところを、歩いてサンペンレーン市...

Ayutthaya

The Ancient Capital. Ayut...

カービングコンテスト日本で開催!

フルーツのカービング、素敵ですよねえ。 日本人も器...

Udon World

Udon Thani province, 564 ...

Muay Thai Weapons 1

Originally, Muay Thai wea...

パックブンファイデーン

タイ料理でパックブンファイデーンという料理がありま...

タイ料理

ほとんどのタイ料理は油たっぷり使うのでカロリー高め...

民主党の憲法改正不支持決定、政権不安定要因!

ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世論調...

違法コピーをめぐる決戦!?

 そのパンティッププラザで、古くから売られているの...

外部からの出入りにも気をつけないといけない2

 これは、何もカオサンだけに言えることではありませ...

タイのテレビ事情7

 MCOTはタクシン政権時代の2004年に再び民営...

中国からベトナムへ?11

 借金を抱えてやってくるということでは、JITCO...

武蔵川理事長が不快感=二所騒動、角界に波紋-大相撲 

日本のお家芸はごたついてますね~。...

タイ人の英語力

タイ人の英語力についてのニュースです。...