らーめんチャンピオンズ@アリーナ10

ラーメンチャンピオンズ看板.JPG昨年末にアリーナ10にオープンした、日本の有名ラーメン店を集めたレストラン街「らーめんチャンピオンズ」に行ってきました。

日本にもラーメンスタジアムのようなラーメン複合施設がありますが、バンコクにできたこちらは、日本料理レストラン「OISHI」のタン元社長が日本から呼び寄せた人気の6店舗から成っています。

3月の東日本大震災直後には、1週間分の売り上げを全て義援金として送ったり、先月伊勢丹で行われた「がんばる!日本人フェア」にも出店したり。

私の旦那は大のらーめん好きで、日本に行くとそれこそラーメンスタジアムへ、タイでも普段からトンローの「山小屋」やスクンビット39の「ばんから」などによく行っています。なもんですから、日本のフリーペーパーで「らーめんチャンピオンズ」の広告を発見したと思ったら、ものすごい勢いで「今から行くぞ!」と。

旦那いわくらーめんは、「こってり、がっつり、たっぷり」がいいんだと。私は三十路を過ぎてから、どうやっても完食できなくなりましたが、父譲りでらーめん好きの子供と3人で出掛けてきました。

アリーナ10は真ん中の四角いエリア.jpg場所はトンローとエカマイの間。トンローだとソイ10、エカマイだとソイ7にあたるソイの中ほどにあります。アリーナ10という、クラブやサッカーグラウンドのあるエンターテイメント施設の一角にあります。その昔、アリーナ10が建つ前に以前にもこの場所に「雷ラーメン」という豚骨ラーメンの店があって、何度か旦那と来たことがあります。懐かしいな。

夜になると、アリーナ10とその近辺にあるクラブに出掛ける人で大渋滞必須の通りですが、今回は日中出掛けてきたのですいすい。敷地入ってすぐ左手がらーめんチャンピオンズ。その奥が野外駐車場となっています。

setagaya-1.JPGらーめんチャンピオンズは6つの店が渡り廊下で繋がっています。店の前にある写真メニュー看板や、ガラス張りの店内を覗きつつ「どこにしようかねえ」うろうろ。「大勝軒」狙いで来たのですが、実際行ってみるとつけ麺の「つじ田」が一番人気。店の前で待っている人が多く、らーめんは回転が早いからとウェイティングリストに名前を書くも、呼ばれた席はなんと「屋外」。

この暑い時期にに外でラーメンはありえない、ということで、お隣の「せたが屋」へ入りました。ここは私がかつて一人暮らしをしていた、環七通り沿いからスタートした東京ラーメン。魚だしのしょうゆラーメンで有名なお店です。

魚ろうラーメン.JPG私たちが頼んだのは、メニューの中で最もこってりしてそうだった「魚郎らーめん(260バーツ)」「にんにく餃子(100バーツ)」と「バンコク限定豚骨ラーメン(200バーツ)」にライス(30バーツ)。

まず「漁郎ラーメン」ですが、せたが屋のHPの解説によると、もちもち極太麺225g、野菜どっさり、豚バラチャーシュー4枚、たっぷりの背脂せたが屋流二郎インスパイア。 魚のパンチの効いたどっかんらーめんがっつりと食べて下さいとのこと。旦那の好物、白濁スープの上に乗ったチャーシューが最高でした。こんなにトロトロな肉初めて食べたよ、ってくらいによく煮込まれていて、子供が頼んだ白飯が進みました。麺は太麺で脂がからみまくっていて、かなりボリュームのある1品です。

餃子はにんにくとコショウが利いていて子供は「辛い!」と、大人向けの味ですね。タレは、しょうゆとラー油とお酢を自分で好きなようにミックスできるのがよかった。

せたが屋タイ限定豚骨ラーメン.JPGそしてタイ限定の「豚骨ラーメン」ですが、これが意外とあっさり。中くらいの赤い唐辛子、小さくて赤い唐辛子(タイのプリックだと思われる)が、さほどにごっていないスープに、豚の角煮とあまり太くない麺と入っています。なんとなく酸味もあって、透明トムヤムクンを彷彿とさせるタイ人向けの味です。なんですが、旦那は「これはらーめんじゃない」とほとんど手をつけず。やはりラーメン=脂ギトギト豚骨スープが旦那にとっては王道のようです。

でも私はおいしかった。8番らーめんでも「トムヤムラーメン」をよく食べるくらいですから。スープがあっさりしていて、唐辛子がめちゃくちゃに辛くて最高でした。やっぱり私の舌はタイ寄りだよなあ。

厨房を覗くと、作っているのはタイ人女性二人。「きび」には、看板に移っている日本人のお兄さんがラーメンを作っているのが見えましたが、ここはレシピだけを持ってきたのかな。

飲み物は、さすがOISHIが持ってきただけあって、OISHIの緑茶系飲料などが揃っていました。

ラーメンチャンピオンズポスター.jpgらーめんチャンピオンズ

営業時間11:00-24:00(金、土は夜中3:00まで)

電話:02-392-9565

※駐車場あり

※クレジットカードは店舗によって使用可能

※現在七夕フェア開催中で、短冊を笹の葉につるしたり、日本の屋台が出ています