サンタナがタイにやってくる

Santana1.jpgSantana(サンタナ)というバンドをご存知ですか?名前は聞いたことがあるけれど、曲は・・・という人いません?私もそうでした。しかし、タイに来てからサンタナに詳しくなりました。サンタナはタイでとても人気な外国のバンドのひとつなんですよ。

そのわけはもう少し後にお話するとして、来年の3月にサンタナがタイにコンサートにやってきます。実は2月にエリッククラプトンもコンサートを行いますが、旦那や知人のタイ人に聞いてみたところ、圧倒的にサンタナの方に興味があるらしい。

 

Concert ポスター.jpgSANTANA Guitar Heaven 2011 Live in Bangkok

日時:2011年3月1日(火)

   開場7:30PM 開演 8:30

場所:インパクトアリーナ

チケット:1000~4500バーツ

販売:タイチケットメジャー 02‐262‐3838 

 

サンタナ.jpgサンタナって個人アーティスト名だと思ってましたが、そうじゃないんですね。正式には、口ひげが印象的なギタリストのおじさんカルロスサンタナを中心としたアメリカのバンドで、ジャンルはラテン・ロック。我が家にもコンサートDVDがありますが、バンドメンバーが多いこと。ラテンですからパーカッションは必須、ギター、ベース、キーボードにトランペットやサックスなどの管楽器が入ることもあり、とにかく大所帯なバンドです。


マリアッチ.jpgカルロスサンタナは、メキシコの生まれ。ポンチョにメキシカンハットを被って弾き語りをする、メキシコの大衆音楽マリアッチバイオリニストだった父親の影響を受けて、5歳の頃からバイオリンを弾き、8歳からギターを始めました。

その後一家はアメリカとの国境の町ティワナに移り住み、やがてサンフランシスコに移住します。そこで見たB.B Kingの生演奏に魅せられ、やがて自分でもオリジナルの曲を演奏するようになり、皿洗いをしながら曲を作り続け、1966年にミュージシャンとしてひとり立ち。


ラテンのリズムにロック、ジャズなどあらゆるジャンルを融合したオリジナルな音楽は、あっという間に人気を博し、ヒッピーブーム最盛期のウッドストックで演奏。その後現在にいたるまで、サンタナ独自のジャンルを確立し、アメリカ、ラテンアメリカのみならず、アジア、そしてこのタイでも非常に人気の高いバンドとなりました。


そうなんです。タイでのサンタナ人気って、日本よりすごいのかもしれません。そのわけは、サンタナ音楽のリズムにある、と私は思っています。ラテンのリズムがタイの歌謡曲と似てるんですよ。タイの歌謡曲といっても、ルークトゥンと言う演歌、イサーン地方初のモーラム、フォークソングのプアチーフウィット、そしてポップスにロックと様々なジャンルに別れますが、サンタナのリズムは特にプアチーウィットに共通するところがあります。

カラバオ.jpgプアチーウィット界の大御所といえば「カラバオ」。タイの超有名人です。実はこのカラバオも、個人名ではなくバンド名。写真のエートカラバオを中心とするタイの人気バンドなんです。

カラバオとはフィリピン語で「水牛」。フィリピンの大学を出たエークさんが命名したそうで、バンドのモチーフとなっており、左の写真の赤いワッペンにあるのもカラバオマーク。またこの水牛の角のように、親指と小指を立てるのもカラバオの意味。コンサートでは、多くの人がこのポーズで腕を振り上げています。

さてこのカラバオ、歌っているのはフォークソングなので、メロディこそは誰もが覚えやすく、歌いやすいものになっているものの、歌詞は社会風刺、批判など強烈な内容なものになっていて、人生とはなんぞや、どう生きるべきか、タイはどうあるべきか、などなどメッセージ性の強いものがほとんど。であるからこそ多くのファンの心を掴んできたのでしょう。男性受けがよさそうでありながら、実は若い女性の心にも響くものがあるらしく、私の友人のタイ航空のフライトアテンダントのきれいな女の子も、カラバオの大ファンです。

やっぱ似てる.jpg国民的歌手なので、よくテレビやラジオでカラバオの曲が流れるのですが、あるとき家族でドライブ中「あ、またカラバオが掛かってるね」とよくよく聞いてみたら英語。カラバオじゃなくサンタナだったんですね。いやああ、よく似てる。曲全体の雰囲気、リズム、テンポがそっくりで、イントロを聞いただけではカラバオなのかサンタナなのかわからないほど。というのは、私が日本人だからなのかもしれませんが、タイ人自身もこの2大バンドの共通点は認めていて、カラバオも好きだし、サンタナも好きという人がけっこう多い。

メキシコとタイって、遠く離れているけれど、どちらも海がある温暖な気候。そんな空気の中で生まれた音楽に共通点があるというのは、わからなくもない。昔、アメリカに旅行した際に立ち寄ったティワナで受けた印象は、タイに初めて来たときと似たものがあったしな。ゲートを潜った瞬間、全くの異国。イミテーションのシャネルバッグがあって、タクシーの客引きがつきまとってきて、食べ物を売る屋台がたくさん出てて、ちょっと埃っぽくて、人間味溢れる雰囲気にすごく惹かれたものです。

それにしてもこの二人、見た目も似ているような・・・

他のサイト記事

ブタの奇病が再び蔓延か!

 ベトナムでブタに特有の感染症が広がり始めています...

โอซาก้า (Osaka) 1

หากเปรียบโตเกียวเป็นเครื่...

การทำงานพิเศษในญี่ปุ่น

เนื่องจากประเทศญี่ปุ่นมีค...

納豆と生卵

最近、毎日食べている物が納豆。 ...

朝焼け

今日の朝6:30頃、目が覚めたので、ベランダに出て...

Thai fruits carving

Besides Thai food dishes,...

Where to Shop in Thailand 5 - Siam Paragon

If you are a brand-name s...

蚊の大量発生 その後

先日、私の周りで蚊が大量発生して困っていることを書...

ワットポー(1)

ワットポーというとタイマッサージを思い浮かべる方も...

ロータスの朝

ラオスからタイに戻ってきて時間が夜中だったので、B...

タイ 日本語を学ぶ学生たち その2

その兄弟はいつもバイクタクシーでうちの学校にやって...

タイ料理の特徴

意外と知らない?タイ料理の特徴です。...

Thai Elephant

Elephants have been rever...

タイのカレー

種類の豊富なタイ料理ですが、カレー類もいろいろな種...

タイ 日本人オーナーのレストラン

タイ・バンコクには日本人経営の店が多い。...

米大リーグがハイチ支援!

米大リーグ機構は14日、大地震で被害を受けたハイチ...

タイ製の「日本式もどき」しょうゆ

 タイでは魚醤(ナンプラー)が液体調味料の主流を占...

外国人旅行者の国籍にこだわる2

 1位は、南隣の国マレーシアなのです。年間130万...

移民庁監獄にいる日本人5

 別のある日本人男性は、既に2回不法残留で摘発され...

インドシナ東西回廊を走る7

 日本人はラオスもベトナムもビザなしで入国できるの...

関東地方で1日夜、大雪の恐れ

雪で仕事が休みになればいいのにと思ったことは一度で...

日本語能力検定試験

が近づいて参りました。この試験は日本語を勉強する外...