ホテルオークラバンコク

Okura_bkk.jpg日本の3大老舗ホテルのひとつ「ホテルオークラ」が、今週バンコクにオープンしました。虎ノ門のオークラは50年以上の歴史を持ち、昔父に連れて行ってもらうたびに、ワンピースを着て、大人しく振舞わないといけないと子供心ながらにも感じた特別の場所でした。そんな思い出深いホテルが、バンコクのど真ん中プルンチットにできたというわけで、早速出かけてきました。

バンコク経済新聞より

ホテルオークラ(港区虎ノ門2)が運営するホテル「オークラ・プレステージ・バンコク」(57 Wireless Road、TEL 02-687-9000)が5月14日、バンコクに正式オープンする。場所は、日本をはじめ米英の大使館が並ぶワイヤレス通りとプルンチット通りの交差点。

同ホテルは、BTSプルンチット駅に直結する34階建ての複合商業ビル「Park Ventures "Ecoplex"」内の低層階(1階~3階)と高層階(23階~34階)部分に入居。「ベストA.C.S. (最高の施設・最高の料理・最高のサービス)」を掲げ、バンコクで最高級と評されるホテルを目指す。

オークラ外観.jpg全240室の客室からバンコク市街を一望でき、設備を一元操作できる電動ベッドサイドコントロールパネル、インターネットテレビなど、 最新の室内機能も充実させる。

 館内にはボールルーム4室、フィットネスクラブ、スパ、中空にせり出し、そのまま空に続くイメージの「インフィニティプール」、ビジネスセンター「Victor Club」、パティスリーなども備える。

 飲食店では、ホテルオークラ東京の開業以来50年の歴史を持つ日本料理店「山里(Yamazato)」、オールデーダイニングレストラン「Up & Above」、各国の最先端メニューを提供する「Elements」が出店。「ラ・パティシエ」では、エキゾチックで繊細なケーキを提供する。

 同ホテルでは現在、正式開業を記念して複数のオープニングパッケージを用意。詳細はサイトで確認できる。

特別パッケージは2種類あるようです。

1)オークラディスカバリーパッケージ

期間:
2012年5月14日(月)~ 9月30日(日)
料金:
5,800バーツ(1室料金(1名~2名様ご利用)10%サービス料・税金別)
内容:
1泊室料
朝食2名様分
無線LANインターネットご利用

2)オークラプレステージパッケージ

(2連泊以上より承ります)

期間:
2012年5月14日(月)~8月31日(金)
料金:
6,300バーツ(1室料金(1名~2名様ご利用)10%サービス料・税金別)
内容:
1泊室料
朝食2名様分
無線LANインターネットご利用
下記の3つの特典から2つをお選びください。
(1)オールデイダイニング「Up & Above」のディナーご招待2名様分

※ご滞在中1回のみご利用

(2)スパでの1時間のマッサージ 2名様分

※ご滞在中1回のみご利用

(3)アーリーチェックイン、レイトチェックアウトが可能 

オークラ1階.jpgBTSを利用して行く場合は、プルンチット駅直結のPark Venturesに入り、一度1階Dean&Delucaのあるフロアに下ります。その後オフィスのある上階に向かうメイン玄関を通り抜け、ウィッタユ通り側の出口を出てすぐ左側にホテルの入り口があります。車の場合はこちらに直接乗り入れが可能です。

オークラ24階.jpg1階のロビーは落ち着いた空間、奥にお花屋さんがあり、フロア全体もアレンジされたお花が置かれてとても素敵でした。フロントのある24階に、虎ノ門の本店にもある有名和食料理、寿司カウンター、鉄板カウンターのある「山里」とバーがあります。客室は25階から上となっているそうです。全体的に和モダンなイメージで、本店よりもいまどき感が強かったですが、絨毯の柄が何となく懐かしさを感じさせたり、オークラ色はしっかりあったように思います。

レストラン山里はもちろんですが、フロントにも日本人スタッフが数名駐在しているので安心。タイ人のお客さんが多かったですが、24階のバーなどビューポイントとしてこれから在タイ外国人にも人気が出るのではないでしょうか。