セントラルプラザグランドラマ9

CP9-1.jpg先日オープンしたアソークのTerminal 21に続き、今度はMRT地下鉄ラマ9駅に「セントラルプラザグランドラマ9」という新しいショッピングモールが昨日14日にオープンしました。

ラチャダーピセーク通りとラマ9、二つの大通りがぶつかる交差点。お向かいにはFortune TownとLotusがありますが、わざわざ行くほどの施設でもなく、またいつも渋滞がひどいエリアということもあり、滅多に通らない場所なのですが、今回オープンしたセントラルプラザグランドラマ9に入るテナントを見ると、これはわざわざMRTに乗って行こうかなと思わせる内容となっています。

ラマ9駅の5つ先のパホンヨーティン駅にもセントラルデパートがありますが、こちらも今年の8月下旬にリニューアルオープンしたばかり。外国人があまり住まない至ってローカルな場所でありながら、先日ブログでご紹介した吉野家の1号店が入っていたり、郊外のデパートとは思えないラインナップです。

以下2件ともNewsclipウェブ版より

CP9外観2.jpgタイ流通大手セントラルグループがバンコク地下鉄MRTラマ9駅前に建設したショッピングセンター(SC)「セントラルプラザ・グランド・ラマ9」が14日、開業した。シンガポールの有名店を集めたフードコート「フードリパブリック」のタイ1号店のほか、台湾の点心チェーン「鼎泰豊」、米ドーナツチェーン「クリスピー・クリーム・ドーナツ」、「大戸屋」、「平禄寿司」、「イタリアントマト」、「吉野家」といった飲食店、「ユニクロ」、「ZARA」、「GAP」、「無印良品」などの衣料ブランド、ロビンソン百貨店、スーパーのトップス、映画館、大型スケートリンクなどが入居。

どうですか、この内容!セントラルワールドやパラゴン、エンポリアムに行かなくてもいいじゃないかと思ったのは私だけでしょうか。観光客も多い都心の人気高級デパートは常に混雑、たとえばスペインの「ZARA」ひとつを取っても、試着室に入るのに行列で並ぶのが面倒。また、ヨーロッパブランドで作りが大きいものだから、XS、Sサイズがあっという間に品切れ。そこへ都心から少し離れたラマ9、あるいは郊外のラップラオの店舗でゆっくり見たい。

食事系からはなんと言っても「フードリパブリック」に注目が集まっていますね。フードリパブリックとは、タイのフードコートのような、シンガポールの人気ローカル料理を集めたレストランだそう。シンガポールチキンライスや福建ミーなどがいただけるのでしょうか。

CP9内観.jpgまた小龍包が有名な台湾の「鼎泰豊(ディンタイフォン)」。セントラルワールドにも支店がありますが、車で行くのだったらラマ9の方が近いので義母やおばあちゃんを連れて家族飲茶にはいいかもしれません。そして日本の「イタリアントマト」略して「イタトマ」。中高生の頃、よく吉祥寺や下北沢のお店に行ったものですが、懐かしい日本っぽいパスタが食べれるイタトマが来タイとは、なんとも嬉しいですね。

そして、タイ3号店目の「ユニクロ」。

ユニクロは14日、同日バンコク都内で開業したショッピングセンター(SC)「セントラルプラザ・グランド・ラマ9」の地下1階にタイ3号店を出店した。バンコク地下鉄MRTラマ9駅に直結し、店舗面積は約1620平方メートル。出店に合わせ、オープン協賛セールを実施している。

今回の目玉商品は何でしょう。ちょうど肌寒い季節到来で、冬服を買いにくる人が多いのかな。地下鉄の駅に直結したこちらのデパート、子供連れではどうかなど今度出かけてこようと思います。