BigCラジャダムリ店復活!

タイの大型スーパーと言えば、カルフール、BigC、テスコロータス、マックスバリューなどがありますが、最近BigCが勢いづいています。カルフールがタイ撤退を決め、どこが引き継ぐのかが注目されていましたが、BigCが買収。少しずつ、カルフールの看板がBigCに変わってきています。

バンコク週報WEB版より

2つのロゴ.jpg英系スーパーマート「ビッグC」に昨年、買収された仏系「カルフール」のリブランドが、バンコク都内スウィンタウォング店で始まった。

 リブランド第1号としてスウィンタウォング店が選ばれた理由について、責任者は、「同店は全国カルフールの中でも売り上げが常に上位、周囲にビッグCがないことも好条件」としている。次の改装先はノンチョーク店、サムロン店となっている。 リブランド関してビッグCでは、商標やバナーのほか、販売時点管理システムについても変更を考えているが、テナント数などは現状を維持。従業員についてもビッグCの名のもとで雇用を引き継ぐとしている。

 なお、3億5000万バーツ規模といわれる今回のリブランドは、6月末までに全国で完了する予定。

こういった大型店は、私が住んでいるような郊外にはごろごろありますが、バンコク都心は少ない。郊外に住む人たちは、週に何回か車で買いだめに出かけることが多いですが、都心のど真ん中にあっては、車も渋滞しますし、BTSに乗ってわざわざ買い物に行くようにも思えません。

Old.jpg人口の多い場所に大型スーパーありきなんでしょうが、実はスーパーは観光客が見ても面白い場所です。旅行でタイに来ていた頃、Rama4のカルフールや伊勢丹お向かいのBigCにどれほど通ったことか。お土産を見に行きつつ、タイ現地の生活感覚と金銭感覚を感じることができます。例えば、魚は切り身でなく一匹丸ごと売られている、しかもでっかいサバが20バーツもしないとか、おむつが日本より高いとか、マンゴともち米のおやつが近くのレストランの5分の1の値段だったとか、「へえ」という発見が多いんですね。

何度もタイに来るようになってからは、プラトゥナームにあるサービスアパートメント(キッチンなどもある普通のアパートの作りをしたホテル)に滞在していましたから、ラジャダムリのBigCでパンや果物を買ってきて部屋で食べたり、炒め物など簡単な料理を作ってみたりしておりました。

そんな私にとっても思い出のある伊勢丹前のBigCですが、昨年のタクシン派による暴動後の放火の被害に遭ってもうすぐ一年。しばらくシートで覆われ、急ピッチで復興作業が行われていましたが、見事復活!という嬉しいニュースがありました。

バンコク経済新聞より一部抜粋

New.jpgバンコク騒乱から約1年を迎えた4月2日、放火被害による休業の後、今年2月に営業を再開していた複合商業施設「Big Cラジャダムリ店」が新しいテナントを迎えてグランドオープンした。

 国内に約76店を展開する同ショッピングセンター。ラジャダムリ店ではバンコクの都心という立地条件に合わせた店作りを行い、「Back with More」をテーマに休業前の状態に戻すだけでなく、新しいテナントを25%増やして「さらなる進化」を目指した。メーンとなるスーパーマーケットでは輸入食材を充実させたほか、プレミアムクラスの肉やシーフードを販売するコーナー、有機栽培の青果コーナーも新設した。

 営業時間は9時~23時。

BigCウェブサイトで、今何が安いかチェックもできますし、最新のブローシャーも見れますよ。主婦のお買い物熱が上がってきたわ。

http://www.bigc.co.th/en/ (英語のHPです)

 

他のサイト記事

สตรีหิมะ (yuki onna)

ตามความเชื่อของญี่ปุ่นแล้...

หลักการจำ23

วิธีการสอนเขียนหรือวิธีกา...

パタヤー2日目

パタヤー滞在2日目は、1日中泳いでいました。 ...

プラチナムのトイレ

プラチナムで見かけて、不思議に思ったことがあります...

Pat See Iw

Pat See Iw is sold ever...

Must See and Must Go 26 - Khantoke Dinner Show

This show is very popular...

サメット島、ゴミ問題で知事が視察

 タイ東部ラヨン県沖のサメット島では、観光客の増加...

Fried Wontons

Fried wontons is an appet...

A Brief History of Cinema in Thailand 9

2004 : In September, anot...

タイ語で今日、明日

前回書いたそれぞれの月の呼び方はかなり難しかったと...

タイに来て感じること

私はもともと台湾に行きたかった。...

人類が走る最高速度、平均時速50キロが限界!

人類が走って出せる速度の限界は、平均時速にして約5...

地方と地方を結ぶのは郵便

 もっとも、タイの場合は日本以上に一極集中が激しく...

閲報処以上の裏技3

 世界日報社では、最後の時事ニュースの原稿を午前0...

能力のない鷹以前に...9

 地方では、バンコク首都圏のような商工業の職種はま...

ベトナムの石炭と石油11

 石油生産が増えればペトロベトナムの国庫納付金は増...

でもシャンプーは少ないのがタイの文化

そうそうそうそう!とうなずいてしまう記事発見。シャ...

ニャチャン(NhaTrang) まとめ

主な見どころ。...

びっくりするでしょう・・・。

昨日行ったプラーチンブリーで。...