クリスマスに向けて

Christmas Season.jpg今年はどういうわけか年末モード、クリスマスモードに体が追いつかない感じなのですが、どうも洪水で避難していた3週間が私にとって空白の3週間だったようで、12月も半ばに差し掛かろうとしているのにまだ11月の気分。

ですが、街は確実に師走の様相、イルミネーションの前で写真を撮ったりクリスマスソングを聞けば冬生まれ冬大好きの私の心も盛り上がってくるというもの。タイでは12月5日の国王様のお誕生日からクリスマスを経て、1月いっぱいまでお祭りモードが続きます。また年末には家族やお世話になった人にプレゼントを贈るギフトシーズンでもあります。

少しずつプレゼントの候補を考えているところですが、何でも揃っているデパートを歩くとついつい自分のものに目が向いてしまいます。デパートと言えば、まだタイに住む前、旅行でタイに来ていた時代から大好きだったZENデパートがいよいよソフトオープンするそうです。

バンコク週報WEB版より

ZENのロゴ.jpgバンコク都心の大型デパート「ZEN」が、12月25日にソフトオープンすることが決まった。

 セントラルワールド・コンプレックス内のZENは2010年5月に反政府暴徒による襲撃を受けて以来、修繕・改装のために閉店。また、今回の大洪水で、リニューアルオープンの延期を余儀なくされていた。

 今回ソフトオープンするのは、衣料、ファッション小物、ギフト、子供服、玩具などを扱う6フロアのみ。その後、来年1月、家具やフードロフトを扱う7階部分がオープンする予定だ。

 新生ZENの顧客ターゲットは、これまでと同様、18歳から40歳までの流行やライフスタイルに敏感な世代。12年度の見通しについてマーケティング部幹部は、「政府の政策次第で、小売業は急速に回復するだろう。特に洪水の片付けの終わる第2四半期(4~6月)以降は完全に復調するはず」との期待を示す。

これは嬉しい。昨年はリニューアルオープンしてまだ間もない中、赤シャツの座り込みで長期クローズを余儀なくされた挙句に放火されてしまったZEN。火に包まれる姿は今も強烈に覚えていますし、かつてセントラルワールドがまだワールドトレードセンターだった時代からZENのショップで働いていた友人は、あの映像を見て涙を流したと言っていました。

そのZENがようやく戻ってきます。いつになったらオープンするのだろうと、BTS車内から至近距離で覗くこと1年半、やっとその日が近づいてきました。ここは洋服がいい。サイアムスクエアのショップから始まったようなローカルブランドを持ってきたり、子供服のチョイスも素敵。オープンしたらすぐに行ってこようと思います。

さてさて、タイのSALE時期は基本的に1月と7月ですが、ギフトシーズンと併せてすでにスタートしているところも多いようです。

ラッチャプラソンWinter Sale 2011

セントラルワールド前のクリスマスツリー.jpg期間:12月1日~2012年1月31日

場所:ラチャプラソンエリアのすべてのデパート

内容:バンコクで最も熱いショッピングエリアで最大70%OFFのSALE。SCB銀行、バンコク銀行、クルンシー銀行のクレジットカードでのお買い物には更に特典有り。

ほらね、こういう情報を聞くと俄然気持ちが盛り上がる。BTSサラデーン駅直結のSilom Complex内のロビンソンデパートでは改装前の大型セール、タイで人気のスペインのブランドMANGOもすでに50%オフが始まっているらしいですよ。皆さん、自分へのサンタもお忘れなく!