タイでスマートフォン 2

携帯でメールがしたい.jpg前回のブログで、「日本とメールのやり取りをしたい」という理由で、携帯をスマートフォンに買い換えるまでのお話をしました。

http://www.thaiworker.net/cat593/smart-phone-1.html

周りの家族友人にヒアリングをした結果、私が選んだのはBlackberry。決め手は文字の打ちやすさ。両手で本体を持ちつつ、左右の親指でキーボードを押すのは思ったより簡単というか、手に馴染んだ。メールをしたいという要望にBlackberryは見事応えてくれたわけです。

早速、近くの大手携帯チェーン店に行って購入。すぐにSIMカードも入れてもらって使えるようになったのはいいけど、そこで初めて気づいたのが「日本語が無い」。iPadは、PCと同じで自分で日本語使用にすることが可能ですが、BBはそうはいかなかった。

Trueで買わないとダメらしい.jpgそこですぐに友人に電話して聞いてみたところ「通信会社で日本語を無料でダウンロードしてくれるよ」とのこと。翌日、TRUEショップに行って日本語にダウンロードしてくださいとお願いしたら、担当のお兄さん、何やら私の携帯の電池の部分を取り出して、PCをカチャカチャやってちょっと難しい顔に。嫌な予感はしましたが、

「私どもでは日本語のダウンロードができません」。

私の携帯のシリアルナンバーを調べたところ、購入元がTRUEではないことがわかったそうで、何でも、TRUEショップで購入した携帯以外はへのダウンロードサービスは行っていないとのこと。「そこを何とか」と食い下がってはみましたが、保障もアフターサービスも提供できないので、万が一のことを想定してお断りしてるらしいのです。

ちょっとぉ、本体もう買っちゃったのに、肝心の日本語が使えないんだったら意味が無いじゃないかと肩を落としていたら、

「ここではできませんが、MBKなどにある携帯専門店に持っていけば有料で日本語ソフトのダウンロードしてくれますよ」。

と、教えてくれました。

携帯サービスショップ.jpgそのTRUEショップはバンコク郊外、我が家が一番利用するショッピングモールにあったのですが、最上階はIT街。あるある、MBKにありそうな小さい携帯ショップ。その足で携帯を持って上がり、早速BB専門店を発見。おそらく違法なんでしょうが、BBに搭載されていない言語のダウンロードを300バーツでするサービスがあるのを口頭で説明され、そのまま携帯を預けることものの30分でBB日本語化完了!

ちなみに、隣の店ではAppleのアプリケーションのまとめ売りをしていました。これも明らかに知的財産権を侵しているのでしょうが、アプリによって値段が違うものを、4つで100バーツなどかなり安くまとめ売り、その場でダウンロードをしてくれるサービスがありました。最初にスマートフォンを買うからと相談したタイ人男子達はこぞって「MBKで買うといいよ」と言ってましたが、そうかこういうことだったのかと納得。

BB日本語画面.jpg晴れて日本語がインストールされたBBは、すべての画面が日本語になり、入力言語にも日本語が加わりました。英語とタイ語は残して、3言語使用は私のPCと同じ使用。嬉しい!

そんなマイBBを持ってウキウキの私は、すぐに日本人のスマートフォンユーザーにまずは日本語でSMSを送信。実に実に快適だった。それまで、「よろしく」を「YOROSHIKU」みたいに、律儀に「し」は「SHI」、「つ」は「TSU」と打っていた面倒から開放されたのでした。

それから、日本語の変換候補がいい。これはiPadよりも賢いというか、日本人の心を持ったソフトだなあと感心。やっぱり母国語でやり取りできるのって、楽極まりない。

お次はSIM契約をしている通信会社AISに行って、料金プランの変更。インターネットブラウザが使い放題で、通話は低めの料金設定に変えました。これで、心置きなくメールもネットもできます。

さて、日本のスマートフォン市場に置いてはiPhone一人勝ちなんだそうですが、タイではBBもかなり強い人気。それに伴い、BBの会社RISがタイに事務所を設立するそうです。

タイ通より抜粋

RIMのオフィス.jpgスマートフォン「ブラックベリー」を販売するカナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)は、タイ国内に事務所を開設し販売を強化すると明かしている。

 タイ地元紙によると、同社は、ここ2年でタイは最も急拡大した市場であるとし、今後さらなる市場拡大のため積極的にキャンペーンを開始する必要が出てきたことが事務所開設の理由としている。

ちなみに、私の友人の日本人女性も私と全く同じ理由でBBを購入。彼女をはじめ、もともとのユーザー日本人達ともPIN交換してチャットも楽しんでますよ。タイの家に嫁いだ私、普段日本語会話と少々疎遠なものですから、チャットとは言え日本語で日常的にやり取りができるのは、嬉しいな。いくつか新しいSNSにも手を出しちゃったしね。

念願の日本の家族や友人達との日本語でのやり取りができるようになって、一安心。子供の写真を送りあったり、ちょっとしたことをすぐにメールで話せるのは、お互いに嬉しいことですね。

他のサイト記事

ขนมโมจิ

ขนมโมจิ ทำมาจากข้าวเหนียว...

ドラえもんジェット

[eiga.com 映画ニュース] 劇場版「ドラえ...

入国管理局(シャトルバス)

バスで無事に「チェンワタナ ソイ7」についても、『...

Hog Deer "Neu thray"

The coat is an ochre-brow...

Ingredient of Thai Food 6 - Basil

Basil is most be-loved he...

旅行口コミサイトの「汚いホテル」、アジアトップ10にタイから2館

世界最大級の旅行口コミ情報サイト、トリップアドバイ...

Clear Soup with Mixed Vegetables

This is a clear soup call...

Training Equipments 3

Ankle supports : It is fo...

ラープムートート

前回紹介したラープムーをカリッと揚げた物がラープム...

タイ スーパー その2

日本のスーパーは小さいんだと改めて実感した。...

大学で再び不正経理!

山口県宇部市の山口大工学部と医学部の教授らが、大学...

クロントムの近くに新しいショッピングセンターが

 クロントム市場の近くには、主に携帯電話の部品を扱...

ワクチンはどうするの?5

 一方、駐在員のご家族の方で、会社からヘルスケアカ...

タイのテレビ事情11

 そこで頼りになるのが、2008年1月15日に開局...

中国からベトナムへ?16

 ところが、研修生が途中で逃亡して、土木作業など本...

ベリーズ工房、3月にバンコクでコンサート

はろぷろだったんですね。...

健康と安全

もしものために病院の位置くらいは。...

タイの焼酎の味

タイの酒蔵を案内していただき、ついに試飲です。...