皮脂対策

T&U.jpg日本にいた頃は「混合肌」だった私。おでこから鼻のTゾーンはてかって、両頬をまたぐUゾーンはかさつくことが多かった。季節の変わり目ともなると、てかてかとかさかさの開きが激しくなり、あらゆるメーカーのスキンケアを試したものです。

ところ変わってこちらタイ。

基本的に年中暑いこの国に来て、「混合肌」から乾燥をマイナスした「普通肌」となりました。途中30歳の大台に入ったものの、寒さ暑さのある四季よりも、1年中暑いだけの方が肌環境としては良いらしく、大きなトラブルもなく今に至っています。

焼きません.jpg日中スクンビットのど真ん中に行きますと、防止に日傘に手袋と万全な日焼け対策をされた駐在員の奥様方と思われる女性をたくさん見かけますが、タイでは何より「日焼け対策」を第一にしないとなりません。

20代半ばの私が少々ぶっ飛ばしていた頃は、黒い肌(ガングロではなく、テラコッタ肌のイタリアンマダム)に憧れ、タイに来ては顔だけ弱めの日焼け止めを塗って、ホテルのプールサイドで丸焼きしていました。

テラコッター.jpg母からも、友人からも、当時の彼からも「やめときなさい」と言われましたが、日本の季節が秋から冬だったりすると、季節外れにこんがり肌でいることに優越感を感じておりましたので、タイに来たらとりあえず焼くのが基本でした。

20代の肌は新陳代謝が良いのか単にに丈夫なだけか、あれだけ焼いても赤くもならず、しみにもならず、気づけば元の色に戻りました。

その後タイに住むようになって、三十路を越えたこともあり「顔はもちろん、体もできることなら焼きたくない」と思うようになりました。回りを見渡しても、私が住んでいる郊外の住宅街では、昼間あまり女性、というか人を見ません。日差しが強い時間は屋内にいる、のが鉄則なんです。それくらいにタイの日差しは強いし、肌にとって危険なものなんですね。

洗濯物干し、庭の水遣りといった外でしなくちゃならない家事は、朝早い時間にとっとと済ます。これ、タイの主婦の基本。

そんなわけで、日本の友人からも心配される「日焼けによるシミ、そばかす」は思ったほど無く今まで過ごしてきていますが、年中夏のタイにおいて日本にいたときよりも断然お手入れ熱心になったのが、表題の「皮脂対策」です。

てかって仕方ないんです.jpg暑くて汗をかくと肌の毛穴が開くのか、昔はTゾーンだけだったてかりが、なんとなく肌全体に及んできたのです。日本の冬に寒くて毛穴がきゅっとしまる、という感覚は365日一度たりとも感じることができないタイでは、毛穴から出てくる皮脂が顔をじわりじわりと覆ってくるような感じに悩まされました。

ただでさえ、日中は美白クリームにSPF少な目の日焼け止めを塗ってますから、そこに皮脂が混じって、いつの間にすっかりオイリーな肌になってしまっていました。

ところが、タイ人女子で肌表面がギトギトしている人は少ない。女子トイレやカフェで、日本みたいに必死に油取り紙で顔を押さえている人も少ないし。もともとタイ人の肌は皮脂が少ない、毛穴が小さいのかと思っていましたが、そうじゃなかった。ちゃんと対策が取られていたんです。

<対策その1>

ベビーパウダー

皮脂は誰の肌にも存在する。日本では、それを紙で吸い取るのがメジャーですが、タイではベビーパウダー、天花粉を肌にはたいて、粉に油分を吸収させるのが主流。

一番人気.jpg色付き、UV機能付き、などいろいろありますが、ジョンソン&ジョンソンのベビーパウダーのピンク色が特に人気です。香りがいいのに加え、ベビー用のためか粒子が細かくて、肌に均一に延ばしやすいところが良い。

使い方は、両手に粉を出してそっと肌を押さえるでもよし、私はお粉用のパフを使って丁寧に乗せています。タイ人女子を真似て初めてベビーパウダーを顔に使ったときは、本当に目から鱗ものでした。

今は朝のお手入れの最後に必ず、子供の送り迎えなどノーメークでいたいんだけど肌の肌理をきれいに見せたいときは肌色タイプ、夜寝る前はビタミンD配合のしっとりタイプなど使い分けています。

<対策その2>

スクラブ入り洗顔フォーム

以前はてっきりニキビ肌用かと思っていたのと、肌の表面を傷つけるのではないかと敬遠していたスクラブ。タイの一般のスーパーやドラッグストアで取り扱いのある洗顔フォームには、日本でもおなじみのBIORE、NIVEA、植物物語などがありますが、どのメーカーにも必ずスクラブ入りがあります。

Smooth E.jpgマットな肌になるとのうたい文句にひかれ、最初に使ったのはSmooth Eという無添加のドクターコスメ。粒粒スクラブでマッサージするように洗顔すると、お肌がつるつる。毛穴の汚れを掻き出し、肌表面の凹凸まで取り除いてくれるような、即効で実感できる効果がありました。

はい、それからスクラブ病み付き。

最近のお気に入りはLOREALのホワイトニングシリーズのスクラブフォーム。外から帰ってきたり、日中ちょっと顔面汗かいたな、毛穴広がってるな、と思ったら洗顔。その後、収れん効果、ホワイトニング効果のある冷蔵庫で保管している化粧水でパッティングすれば、ばっちり。

肌が弱い人は、毎日でなく週に数回の使用がいいそうですけど、タイの気候にスクラブ洗顔フォームは効きます。

暑いだけじゃなく、ひょっとしたら辛いタイ料理でもしばしば開かされる毛穴ですが、お手頃なこの二つで皮脂対策は万全と言っても過言ではない。タイで肌がべたついたら、ぜひお試しください。

 

 

他のサイト記事

ปลาฮามาจิ (Hamachi)

ปลาฮามาจิเป็น...

พิซซ่าญี่ปุ่น

พิซซ่าญี่ปุ่นเป็นอาหารทอด...

ハーバルボール

日本へ帰国する友達にプレゼントを贈りました。 ...

RCAに着いて

バンコクのクラブやパブに外国人が入るには、パスポー...

Lampang

Lampang is one of the no...

ゴミ分別、企業や学校などで急速に浸透

地球温暖化防止への取り組みが世界的に強まる中、タイ...

Ratchaburi

Ratchaburi is one of the ...

転職が好き?

こちらバンコクに住み始めて数年になり、タイ人と一緒...

タイ アニメ その2

私の知人のタイ人男は日本アニメのDVDをいつも借り...

タイで海中結婚式!

スキューバダイビング中に結婚式を挙げる海中結婚式が...

それでも安さを求めて

 ゲストハウスは、どんなに安くても1ヶ月2,000...

タイの祝日5

 政治的理由は、2つが定められています。1つは、5...

ジスプロシウムと自動車11

 トヨタは1トン級ピックアップトラック「ハイラック...

イミグレの中

やっとイミグレのあるビルに到着~。...