タイの金銭感覚 2

前回のブログで、タイでの1000バーツは日本の1万円に近い感覚だと書きましたが、タイで生活する際の金銭感覚はなんとなくわかっていただけたのではないでしょうか?金銭感覚は、その人の所得にも左右されますが、タイの平均月給は6000バーツちょっとだし、最低賃金は一日辺り200バーツ少々というのが現状。

サラリー.jpg私の友人に、今でこそ自分でビジネスを立ち上げ成功したタイ人がいますが、有名私立大学を卒業して最初に就職したある日系会社の初任給が8000バーツだったとのこと。

親元から通っていたとはいえ、8000バーツですよ。それでも、家に3000バーツ入れ、残る5000バーツで1ヶ月やりくりしたそうです。タイの一般的企業では交通費は出ませんから、毎日のバス代、電車代、ランチ代、週末の遊び代、その他買い物などを5000バーツの中で捻出していたそう。彼曰く、このときのやりくりの経験が今の経営に生きているとか。安くおいしいものが食べられるタイですから、食費はだいぶ浮かせることができたにしても、20代前半遊びたい盛りの時期に、よくがんばったなと思います。

日本の厚生労働省が出した、平成22年度の職業別平均初任給を見ると、最も低いのが中学卒業後専門的・技術的職業に就いた男性の12万6千円、中学卒業後事務的職業に就いた女性の12万5千円となっています。大卒になると男性は18万円近くに上がり、女性も17万円台を越えてきます。

仕事.jpgこれを、例の1000バーツは1万円で換算すると、日本では少なくとも12500バーツを初任給としてもらえ、日割り計算(25日で割る)でも一日500バーツは稼げていることになります。(実際の日本の最低賃金は鹿児島、沖縄などの一日642円)そして、この数字を、タイの平均月所得と最低賃金と比べてみると、どちらも日本の方が倍以上高いという結果になります。

前述の友人が、日本人の感覚で見ると少ない初任給でもやりくりできたように、タイでは食費を筆頭に生活コストを低く抑えることが十分可能ですから、国はこの金額でなら生活をしていける、と判断しているのでしょう。

タイに来た頃、よく友人に日本でもらっていた給料の額を聞かれ答えると、「お金持ちー」と言われましたが、家賃の額やラーメン1杯の値段、タクシーの初乗り料金などを言うと一様にびっくりされたものです。タクシーの初乗り料金はタイでは35バーツですが、東京は710円。これをタイの感覚にしてみると71バーツ、同列にしても東京は倍。ラーメン一杯だって、同じじゃないでしょうか。日本は生活コストが高い分、初任給や最低賃金もタイに比べると高めの設定にされているのでしょう。

では、仕事は見つけやすいのでしょうか。私が日本で就職をした頃は、いわゆる氷河期でした。蒸し暑くなる季節までリクルートスーツを着て会社を回り、結局当初の希望と全然違う会社に入り、入社1年未満であっけなく転職しちゃいましたが、その会社はその後倒産。男子の友人たちも、大手金融に入って一安心、と思ったら吸収合併されちゃったり、有名メーカーに入ったのに30過ぎまで地方営業所を転々として体壊したり。新卒で入った会社に今もずっといる友人というのは、ごくわずかです。

日本の失業率は、平成22年10月現在で5,1%(総務省データより)だそうで、これってけっこう高いよなあとタイの数字を調べてみたら、2009年が1,9%(JETROデータより)と日本の半分以下。タイは職業に就けるチャンスが、日本より圧倒的に高いというわけです。転職率は、私がタイでOLをしていたときの感覚からすると、日本より高いような実感がありますが、会社は変えても仕事はし続ける人が多いように思います。

ビジネスウーマン.jpg得に女性。結婚後も働き続けるのは当たり前。妊娠しても出産直前ぎりぎりまで働きます。そして産後1~3ヶ月以内に職場復帰。子供ができてからも共働きをする家庭が多く、我が子が通う学校のクラスのお友達のお母さんたちの中にも、ビジネススーツを着て子供を送り迎えする人がいます。

タイの賃金は日本の感覚よりも低いのは事実ですが、就職率は高く、働ける人が働いて一家協力して、持ち家を持ったり、車を維持したりしているのではないでしょうか。

また、そういった女性に結婚、出産後も仕事を続ける理由を尋ねると「せっかく大学を出て、専門知識も身につけたのにもったいない」という答えが多い。意欲的じゃないですか。それだけ、職のチャンスがあるということですし、上昇志向があるという表れのように思います。我が家の親戚の中にも、バリバリのキャリアウーマンがいますが、いつもイキイキしてて、疲れた顔を見たことがない。

Beach resort.jpgそんな社会の中にいる「日本人」はどんな風に仕事をしているのかというと、まず形態が「駐在員」と「現地採用」とに別れます。駐在員は会社の意志でタイで働く人たち、現地採用は本人の意思でタイで働く人たち。駐在員は、日本の相場で日本円でお給料をもらい、多くの場合が高級コンドにお手伝いさん、運転手さん付きで住む生活。一方現地採用の場合は、タイで働く日本人の最低月給が5万バーツに設定されていますから、だいたいその前後の金額で1ヶ月をやりくり。かくいう私も元現地採用。どんな生活をしていたかというと、家は家賃9千バーツのスクンビットエリア内のアパート、週末は友人達とやはりスクンビット内の居酒屋やバーで飲んだり、焼肉も寿司もよく食べたし、年に数回はビーチリゾートに遊びにいけるレベル。最後にもう一度、1000バーツは1万円で換算すると、月給50万もらってるのと一緒。日本みたいに、天引きも少なかったからけっこう遊んでましたねえ。

まあまあ優雅かなあ、という生活でしたが、その頃知り合ったタイ人のお金持ちというのは、すごかった。ハイソーな方々というのは、スクンビットで札束叩く駐在外国人もびっくりの、すごいスケールでございました。次に続く・・・

 

 

他のサイト記事

ベトナムにもエイプリルフールが入ってきた!

 4月1日のエイプリルフール。世界中の新聞や放送、...

ปราสาทนาโงย่า (Nagoya Castle) 2

ปราสาทที่เห็นในปัจจุบัน ไ...

วันฉลองบรรลุนิติภาวะ

วันฉลองบรรลุนิติภาวะ (sei...

アンアンロー

トンローのソイ55、Jアベニューの横にあるアンアン...

タイのアニメおたく

タイで、これだけ、日本のアニメを放送しているので、...

Khanom Tuay Foo

This called Khanom Tuay F...

バンコク都庁、王宮前広場を300日閉鎖

バンコク都庁によれば、王宮前広場(サナムルアン)が...

とばすタクシー

最近本格的な暑さになってきたバンコクですが、そのせ...

プロンポン

日本人が一番多く住んでいる場所、プロンポン。 日本...

タイ LOTUS VS BIGC

タイの大型スーパーといえばLOTUSとBIGCで価...

17日からグリーン・ミニバスの使用禁止

ということは今もう走ってないの?気がつかなかった~...

Khao Yai National Park

Khao Yai National Park is...

Popular Thai Desserts

These are the most popula...

便利なMK

知ってる人も多いと思うのですが、タイ風スキのMK。...

タイ イミグレーション その4

着いてびっくりしたのは前のサトーンに比べて何十倍も...

オンライン宝くじに難色 !

アピシット首相は1月3日、オンライン宝くじプロジェ...

QBハウスは100バーツ取る

 日本で作業時間10分、一律1,000円を売りに大...

ヤワラー通りの渋滞も大変

 現に、ラマ4通りの西行きも夕方にはつっかえます。...

アフリカ人の問題は結構深刻3

 不法残留とともに、不法就労もまた大きな問題です。...

ベトナムを新幹線が走る日16

 工事の段取りとしては、ハノイとホーチミンシティか...

年末年始関係なし

ご苦労様です!...

チャオ・トム(Chạo tôm) とチャオ・ガー(Cháo gà)

おかゆは体調を崩したときにもってこいですね。でも腹...

実の子を使い、幼い子を誘拐していた女を逮捕

こういうニュースを時々目にしますが......