ヘビ騒ぎ

我が家のあるバンコク郊外は緑がいっぱいで、空気がおいしい。高層ビルやマンションは無くて、夜は星空が綺麗。まだまだたくさんの自然に囲まれて、実に穏やかにのんびりと過ごしているのですが、「自然は怖いぞよ」と思うときもあり。

都会よりも住民の消灯時間が早いのか、午後9時を過ぎれば街はすっかり静寂に包まれ、ネオンが無いせいか夜の暗闇がやたらと濃く、ミステリアス、というか怖い。そこへ、突然の雷鳴と大雨が襲ってきたりすると、ホラー映画の世界ですよ。

日中はそういった怖さはないものの、自然に驚かされびびることもあり。

こちらに移り住んで昼間に悲鳴を上げたのは、これまでにも道路で猫を引きかけたとき、庭に置いてある空の土瓶の蓋を開けてみたら毛虫が10匹近くうねっていたとき、近所の公園の芝生に除草剤が撒かれた直後に前の道路に大量に出てきたミミズの干からびた死骸に遭遇したとき、雨季に道路でぺちゃんこになった蛙を危うく踏ん付けそうになったときなど、東京タワーが見える大都会で育った私は、けっこう驚かされてきました。

が、ヘビばかりは、悲鳴だけでなく腰抜かすかも、と言うくらい怖かったんですよ。

Snake image.jpgNewsclipウェブ版より

今年1―10月のバンコク都庁災害防止課の出動回数は「家に入ったヘビの駆除」が2935回、「鳥の巣の撤去」467回、「家に入ったオオトカゲの駆除」315回、「ネコの救助」273回、「イヌの救助」106回だった。

 「ヘビの駆除」は2008年が通年で1582回、2009年が2744回と年々増えている。

このニュースを読むまで、ヘビ退治を都庁がしてくれるのを家族全員知りませんでしたが、10月までに約3000件ものヘビ騒ぎが、バンコクで起きているとは驚きました。しかも増えているとはどういうことなんでしょう。

    ヘビ映画.jpg        

今年の前半に、ヘビに襲われて大変だぁ、というようなホラー映画がありました。(左がそのポスター)何でも、もともとヘビが好きな湿地帯に無理やり新空港を建てたため、ヘビの怒りと呪いでえらい目に遭うというストーリー。この映画じゃないですが、バンコクでヘビ出現が増えているということは、人間がヘビの居場所を奪い取っていることからきているのではとも思えます。

また、ある男性が茂みでヘビに遭遇し、危険を察して叩き殺したところ、夢にそのヘビの奥さんと子供が出てきたエンエンと泣いていたらしく、翌日ヘビを殺した場所に戻りお供えを捧げた、という話を普通のニュース番組で見たこともあります。

毒を持つヘビもいることですから、危険な動物であるという認識がある一方で、どうもタイではヘビに神秘性を持たせている感がありますね。ま、日本でも「夢にヘビが出てきたらいいことが起こる」とか「ヘビ皮の財布はお金が溜まる」とかありますけど。

で、本題ですが我が家にも今年ヘビが出ました。黒くて細長い、小さめだけれど毒を持つヘビ。頭は大きくありませんが、コブラの仲間だそうで、湿地帯に生息します。我が家はムーバーンという集合住宅街にあるのですが、この街を取り囲む塀の後ろは、未開発の土地のところもあり、まさに大草原というか、湿地帯なんです。

塀に面した家に住む人の庭に数匹のヘビが侵入して、飼い犬が噛まれて命を落とした、という恐ろしいニュースが入ってきた翌日、今度はなんと右隣の家の庭にヘビが入り、その家のお父さんが棒で叩き殺しました。でも、まだ数匹いるんだよなあ、なんて思ってたある日の午後のこと。

旦那の友人が遊びに来て、庭で話していました。すると、飼い犬が突然ぴょこぴょこ跳ねだし、不思議な動きをはじめ、何だろうと犬の足元を見たら「へびーーー!」小柄なヘビですから、ちょっとでも土の一部に埋もれたり、物陰に隠れたら人間の目では見つけ出せません。だからこそ、鼻の効く犬がヘビの匂いを嗅ぎ付けて、いつもしない動きをしていたのでしょう。

旦那の友人も箒を持たされ、大人の男性二人でヘビ探し、ちょっとでも尻尾を見つけたら叩いて叩いて、友人もとんだヘビ騒ぎに巻き込まれましたが、結局仕留めることはできないまま夜に。暗くなったら、ますますヘビの居場所が掴めません。家の中に進入していたら、小さい子供やお年寄りもいるし、こりゃあ大変だと犬に全部屋パトロールさせましたが、ヘビがいる様子はなし。それにしたって、家のどこかにヘビがいるという状態で夜を越さなきゃいけないと思うと、本当に憂鬱な気分に。

そんなとき、家の裏口からゴミを捨てようと引戸を引いたら、なんと引いた側の扉から、ヘビ出現!こんな隙間に潜んでいたことにびっくり、大急ぎで大声で旦那を呼びに行くも、棒を持って旦那と戻ってきたときにはまた姿を消してしまっていました。うわぁ、最悪だといつもよりどんよりムードの食卓で夕飯を採っていると、旦那の携帯が鳴りました。日中来ていた友人で、その後ヘビがどうなったかを気にして電話をくれたようなんですが、「いやあ、さっきもこの裏口の扉の下にいたんだけどね」と何気なく扉を開けた旦那。すると、そそくさに電話を切って、棒を持って再び外へ。

さっき見失ったヘビがいたんです。モップ掛けが終わった後の水を、偶然私が裏口脇の通路に捨てていたのですが、その水には殺菌効果のあるモップ専用液が入っており、更にはレモンの香り。ヘビが嫌いな柑橘系の香りでしかも殺菌剤入りの水に、ヘビがのたうち回っていたんですね。弱っているところを、旦那のとどめのひと叩きで打ちのめしました。

へび退治.jpgその後、土や暗がりが好きなヘビ対策として、庭の大半をタイル敷きにし、できるだけヘビの隠れ場所になりそうな暗い場所を無くしました。また、これはタイのダイソーで買ったのですが、ヘビを寄せ付けない粒状の薬を、扉や門、溝などに撒きました。工事が完了して以来、我が家だけでなく近所でもヘビの出現は、いまのところありません。

タイに来て初めて行った観光先がラーマ4世通りの「スネークファーム」。当時は、ヘビは動物園で見るものという認識だった私は、折の中でとぐろを撒く大ヘビも、普通に見れていました。ですが、今となってはヘビは恐怖の生き物。もちろん命ある動物ですから、害や危険が無い限りは放っておいてあげますが、それでもやっぱり、時々大通りで車に引かれたヘビの死骸など見ると、あのヘビが出た騒動の恐怖が蘇ります。ああ、こわ。

 

 

 

 

 

 

他のサイト記事

中国製粗悪ライターが上陸!

 日本でおなじみの使い捨てライターは、東南アジアに...

ศาสนา 1

ประเทศญี่ปุ่นเป็นประเทศที...

เณรน้อยเจ้าปัญญา

เณรน้อยน้อยเจ้าปัญญา หรือ...

ドリアン2

臭い食べ物のして、苦手な人も多いドリアンですが、最...

大人の獅子舞

サイアムパラゴンの子供獅子舞の踊りが終わって、外に...

Blessing a New Car

Although it is not common...

Where to Shop in Thailand 1 - JJ Market

Thailand is sometimes cal...

バンコクの屋外でアイススケート

昨日、車の中からみたたけなので詳細は良く分からない...

クンオプウンセン

この料理、全く辛くないので、日本人は割と好んで食べ...

オンヌット

私が今住んでいるオンヌット。今はBTSの終着駅です...

タイ シーロムコンプレックス

BTSサラデーンjに直結してセントラルが入ったデパ...

貨物機から大量の兵器押収 北朝鮮から飛来、密輸か

 タイ当局は12月12日、バンコクにあるドンムアン...

Thai Fried Noodles

Phat Thai is very famous ...

Different region, different food

The basic characteristic ...

タイ風あんかけ麺

今日のお昼に、ラートナーというタイ風あんかけ麺を食...

タイ 超リッチマン

私は以前タイ人の超超お金持ちと良い感じになったこと...

鳩山政権の通信簿紹介!

マニフェスト(政権公約)を競い合った09年夏の衆院...

タニヤにまともな居酒屋が

 タニヤ通りといえば、日本人駐在員を相手にした日本...

中国から輸入した青島ビール2

 青島ビールという会社は、中国国内だけで51箇所も...

5位アメリカは意味が分からない

 エリートクラブ会員数、国別の5位はアメリカ。約1...

ハノイでのタイビザ4

 ノイバイ空港9時10分発ということは、チェックイ...

高速料金値上げで一般道が大渋滞

これ以上ひどくなったら・・・。...

フォー(Phở)

これは日本でもおなじみ?...

購入は簡単。

タイで携帯を購入するのは非常に簡単です。初めて買っ...