再びヘビ騒動

ヘビのイラスト1.jpg以前、我が家にヘビが出たブログを書きました。

http://www.thaiworker.net/cat593/scary-snake.html

あれはちょうど去年の今頃、子供の夏休み中に庭にヘビが出現して大騒動。一度は逃したものの、私が偶然裏口に捨てた殺菌剤入りのモップ掛け後の汚水の中でのたうちまわっていたところを旦那が仕留めて一件落着。

直後に庭の土という土、芝生という芝生をタイル敷きにし、ヘビ除けの薬も定期的に撒き、それ以来ヘビは姿を現さず1年が過ぎました。

タイに来て一番の恐怖体験から学んだことはあったようで・・・

ここ最近、車の中から道路横断中のヘビ、または横断に失敗してぺちゃんこになったヘビをよく見かけていました。

横断中.jpgそう言えば、昨年のヘビ騒動の直前も同じ光景をよく目にしました。昨年は、目にするヘビの種類が実に様々で、黒くて細いチューブみたいなものから、太い黄緑色の長いヘビがとぐろを巻いているところも目撃。しかし、その時はまるでサファリパークでトラの模様のマイクロバスに乗りながら外を見ているようなもので、恐怖を感じるよりは鑑賞に近い感覚でした。

それがですよ、いざ自分の家の庭に出てごらんなさい。

勝手口を開けっ放しにしていたある日、昼ごはんにしようと鍋の蓋を開けたら、カレーの中からネズミが2匹飛び出してきたときよりも、

庭の東屋の脇になぜか置いてあった長い花瓶を上から覗いたら、ビビッドカラーの毛虫がびっしり蠢いていたのを見てしまったときよりも、

ヘビのイラスト2.jpg大雨が降った翌日に、家の前の通りの突き当たりにある下水から、ミミズが大量に出てきて道路が動いているのかと思ったときよりも、

とにかく怖かった。

このときの恐怖はしっかり焼きついていて、今年も道路上でヘビを見かけては、「そろそろ来るぞ」というメッセージのように感じ、ある程度覚悟はしておりました。

一年で一番暑いこの時期は、普段は人目に付かない草むらや湿地帯に潜んでいるヘビたちが、少しでも涼しい場所を求めて、住みかを移るんだそう。

それは朝から暑さの厳しいとある土曜日の夕方のことでした。

飼い犬の大型犬が、ぴょこんぴょこんと飛び跳ねている。どこかで見た動き。

そう、それはまさに1年前に最初にヘビが出たときに、この犬がしていた動き。その時も、やはりモップを掛け終わった殺菌剤入りの水を捨てたところだったのですが、家の扉の前のタイルの通路に水が溢れ、カエルかトカゲでも出てきたのかと思いました。

それにしては犬の反応が普通じゃないと、少し離れた位置から目を凝らして見ると、

ヘビーーーーーーーー!!!しかも、今年はコブラーーーーー!!!

コブラだったよ.jpg膨らんだ頭部を持ち上げて、するりするりと水を除けるように移動している。

昨年の私はここで「ヘビが出た!!」と大騒ぎしながらドタバタ逃げていました。しかし、私が逃げている隙にヘビもびっくりして逃げる、ということを学んでいた私は、ヘビの様子を見守りつつ、義母を呼んでヘビが出たことを報告。

報告を受けた義母が、近くの公園に子供と遊びに行っていた旦那を呼び戻しました。その間、犬も鼻をクンクンさせながら牽制していたのですが、近くに置いてある収納棚の下にヘビがするするっと入ってしまった。

でも今年はあきらめず、犬と私とでヘビのいそうなエリアを目視し続けました。戻ってきた旦那が大きな鉄のスコップを持って、収納棚を少しずらしたらニュルッとヘビが出てきて、そこをスコップで無事仕留めました。

まだ小さい子供ヘビでしたが、殺らなければ殺られる。息の根を経った後は、ビニールに入れて外のゴミ箱に捨てました。

熱心な仏教徒の旦那は、部屋に入ってきたハエなどの虫すら、素手で掴んで外に逃がしてあげるくらい、動物を無意味に殺すことを嫌う人ですが、ヘビばかりは仕方がありません。その後、ちゃんと仏間に入って仏壇で何やらお祈りしてましたけど。

聞けばその日の朝に、向かいの家にやはり黒いコブラが出て、奥さんがスコップを振り上げたら、スコップの重さで自分がひっくり返ってしまいヘビに逃げられたそうです。それが、我が家に入ってきたようなんですね。

今年は、庭がタイルでヘビの逃げ場が少ないこと、また昨年の教訓を家族全員が生かせたこともあり、簡単にヘビ退治に成功しましたが、ゴキブリじゃないけど1匹いるということは・・・という見えない恐怖もあり、翌日ダイソーでヘビ忌避の薬を買ってきました。

ヘビ忌避.JPG木酢タールと硫黄の天然成分で作られたヘビの嫌いな匂いを閉じ込めた細粒で、屋外のヘビが出そう、通りそうな場所に撒いて使います。木を燃やしたような匂いが約2週間持続して、ヘビを寄せ付けないそう。ちょっと独得の匂いですが、背に腹は変えられない。

ヘビってだけでもびびりますが、コブラって毒持ちの蛇ですよ。しゃれになりません。ここ最近は、夜中の土砂降りが多いですが、早いところ雨季に入り、ヘビもそれぞれのお気に入りの場所に定住してくれればと思います。自然や動植物との共生は、特にここバンコク郊外では必要なことですから。

いやあ、でも怖かった。

他のサイト記事

Japanese Drama (Attention Please)

แอร์โฮสเตสเป...

ซาซิกิวาราชิ

ซาซิกิวาราชิ เป็นเทพอารัก...

赤い花

先日、タイ語の先生の1人が退職しました。 ...

入国管理局に着いて

『too moo』の続きです。やっとtoo moo...

Phetchaburi

Phetchaburi is well known...

Dessert Shop in Thailand 6 - After You

After you is located in T...

両親がいないことをからかわれた小学5年少女の自殺

各報道によると、4日朝ナコン・シー・タンマラート県...

Crispy Sticky Dumpling

Crispy Sticky Dumpling or...

Training Equipments 4

Groin protector : As all ...

バンコクでの日本語

数年前にバンコクに着いたとき、日本語の看板とかがす...

タイ スーパー その3

BIGCなんか行くとお菓子なんかケース入りのがたく...

中国人実習生に賃金など支払い命令!

外国人研修・技能実習制度で来日した中国人女性4人が...

携帯電話は右に出るものなし

 携帯電話だったら、他を寄せ付けないのがMBKセン...

ワクチンはどうするの?6

 タイの病院には、日本になかったり、接種できる場所...

タイのテレビ事情12

 2008年8月、サマック首相の退任を求めて、黄シ...

中国からベトナムへ?17

 もし、バンコクのママズゲストハウスで引きこもって...

黒糖焼酎

プラーチンブリーでいただいた焼酎は黒糖焼酎に味が似...