タイでパスポートの更新 その1(申請)

パスポート.jpgパスポートの期限があと半年後にせまり、先日こちらでパスポートの更新をしてきました。盗難や紛失に遭わない限りは、5年もしくは10年に一度のこの手続き。10年前に更新したのは日本だったし、親が助けてくれたし、はっきり言って手続き内容を何も覚えていなかった私ですが、今回はノンイミグラントビザというステータスで外国にいる身。

ということで、パスポートの更新からビザの移し変えまでの手続きを記しておこうと思います。

まずは「パスポート更新の申請」から。必要書類は一般旅券発給申請書(5年用・10年用)、戸籍妙本もしくは戸籍謄本1部、そして顔写真1枚です。

申請書は在タイ日本大使館に置いてある原本しか使えません。数ヶ月前、在外選挙で大使館に出かけたときにもらってきたものがあったので、家で必要事項を記入していきました。A4サイズの厚めの用紙ですが、折り曲げてはいけないのでクリアファイルに入れて保管しておきましたよ。記入する際は、タイで一般的な青ではなく、黒のペンもしくはボールペンで行います。記入の仕方に不安があっても大丈夫。大使館のHPに見本例がありますし、大使館にもプリントアウトしたものが置いてあります。

ちなみに、タイ人と結婚した私の苗字はやたらと長いので、姓の枠数に収まらなかったのですが、大使館員によると「はみ出してもOK、一枠に二文字でもOK」とのことでした。

次に戸籍妙本もしくは謄本ですが、6ヶ月以内に取得したものでないと効力がありません。提出が必須なのは、初めての申請、身分事項(氏名、本籍地の都道府県名)に変更がある、パスポートの有効期限が切れている、パスポートの紛失(焼失)の場合だそう。私の場合は、結婚して姓が変わったので実家にお願いして取り寄せてもらった戸籍謄本を提出しました。

そして写真ですが、こちらも過去6ヶ月以内に撮影したものとなります。カラーでも白黒でも可。帽子やサングラスを着けていない状態で、背景のない写真が基本です。サイズは縦45ミリ横35ミリで、肩から上が写っているものです。

実はですね、10年前のパスポートの写真は、母との韓国旅行直前にパスポートが切れる寸前と気づいて大慌てで撮ったものですから、ひどいことひどいこと。ノーメークだし、髪もぼさぼさだし、あわてん坊丸出しのこの写真を、よく10年耐えて使ったと我ながら思うほど。なわけで、今回は美容院で髪をセットし、目元ぱっちりメイクをして、スタジオで撮ってもらった写真を持っていきました。何てたってこの先10年使うんですからね、と張り切ったら、旦那に「10年後は別人みたいになってたりして」と言われましたけど。いいのいいの、自己満足ですから。でもやっぱり10年もののIDとなる顔写真ですから、ある程度はいいものを使いたいですよね。

必要枚数は1枚となっていますが、スタジオで撮った場合複数枚になるでしょうし、2~3枚持っていくといいですね。申請時に「万が一失敗したときのために、もう一枚写真ありますか」と聞かれ、2枚提出してきました。(失敗しなかった場合は戻ってきます)

さ、この3点セット(申請書は大使館でもらってその場で記入もOKです)を持参して、日本大使館へレッツゴー。午前中に間に合うようにと朝早く家を出て9時過ぎに到着。パスポート関連は領事部で手続きをします。

領事部.jpg大使館の場所は、年内で閉鎖されるかもと言われている「ルンピニナイトバザール」の隣。MRT(地下鉄)ルンピニ駅の3番出口が最寄ですが、私はBTS(高架線)のプルンチット駅からワイヤレス通りをまっすぐタクシーに乗って行きました。この駅周辺には、近くで働く人向け飲食屋台が出ていて、私もアイスコーヒーを買ったのですが、大使館の入り口、荷物検査の部屋で飲食物持込禁止ということで没収されてしまいました。知らなかった。

領事部に入ると「申請」と「受領」の2種類の番号札があります。見た感じ「申請」をしに来た人の方が多そうでした。といっても、待ち時間10分もしないで番号が呼ばれ、必要書類と古いパスポートを提出し、不備が無ければ受理票をもらって終了、所要時間はものの2分。土日祝日を除く3日後の受領で、(受理票に受領可能日が記されています)申請費用の支払いは受領時に行います。(代金も受理票に記載されています)

尚、パスポートの申請は本人が行うのが原則ですが、パスポートを紛失(焼失)、損傷した場合及び渡航書の申請を除く紛失以外であれば、代理人による申請も可能です。ただし、代理人は配偶者である以外は日本人でないとできません。

 

【在タイ日本大使館領事部ー旅券証明班】

受付時間:平日08:30~12:00,、13:30~16:00(昼休みがあります)

電話:02-207-8501 / 02-696-3001  Fax:0-2207-8511



 

 

他のサイト記事

ベトナム航空の日本便が順次増便へ!

 国営ベトナム航空は24日、3月28日からの夏スケ...

ประเทศญี่ปุ่น 2

พื้นที่ประมาณ 3 ใน 4 ของญ...

ชินจูกุ

ชินจูกุเป็นสถานีรถไฟที่สำ...

八大料理(八大菜系)

中国料理の「八大料理(八大菜系)」と呼ばれる代表的...

国歌

この前、BTSで家に帰ってる時のことですが、駅に着...

Memorial Park

Is located within the are...

Unique Thai Tradition 20 -Temple Roof

People might notice the b...

お正月帰省のお土産

もうすぐお正月休みです。 タイから日本に帰省する方...

ハンドクリーム

タイは毎日のように暑く、湿度も多いからお肌が乾燥し...

韓国料理

タイには世界各国の食べ物があふれている。アソークの...

タイ ありえない日本人男 その3

この人はやたら自分の話をするのが好きで、聞いてもな...

日米中、メコン川流域での影響力を競って3つどもえの戦い

 メコン川流域の開発は近年常に各国から注目されてい...

Khao Niaow Mamuang

Khao niaow mamuang is man...

Chiang Mai Songkran Festival

Chiang Mai is without dou...

言葉によるストレス

この間お仕事の関係で、タイ人女性(若い)とイギリス...

タイ 日本食レストラン

タイの日本食レストランは多いがフジなんかは完全にタ...

2009年度重大ニュース応募!

毎日jp編集部では、政治、経済、社会、国際、スポー...

鉄道連絡船代わりの渡し舟

 マハチャイ駅を市街地方向ではなく、列車の進んでき...

第二のチャイナタウンができつつある

 バンコクのチャイナタウンといえば、ヤワラートが有...

タクバイ国境検問所4

 タクバイのマレーシア側は、ペンカランクボール検問...

バンコクからラオカイへの行き方4

 あとは、日本でタイ国際航空の「TG前売り」を買っ...

防災対策

こういうのが厳しくなるのはいいことですね。...

マンゴーおとりよせ。

前回紹介したマンゴータンゴーはモーチット、ウィーク...