月餅

月餅遭遇率高くなってきてます.jpg最近デパートや街を歩いていると、早くも月餅の販売がスタートしているのが目に付きます。タイには中国出身の家が多く、我が家も義母方のおじいちゃんの家がそうですが、中国のお祭りをそのままタイで祝う風習があります。

代表的なものは2月初旬の中国正月、チャイナタウンが最も盛り上がりを見せますが、住宅街の中でも中華系の家では爆竹を鳴らし、中華系の会社は休業。また秋ごろには齋食週間のギンジェーがあり、この期間は市場のおかず屋台からコンビニ食までこぞってベジタリアンフードを売り出します。

そしてもうひとつの中華系のお祭りが「中秋節」、今回はこのお祭りにちなんだお菓子「月餅」の紹介をしたいと思います。

在日本中国大使館の説明によると、中秋とは

農暦8月15日は中秋節である。「中秋節」とも称されるこの祭日は、古代中国の帝王が秋の季節にお月様を祭る礼から由来する。ちょうど三秋の半ばに当るため「中秋」と名づけられた。

中秋節です.jpg中秋節には月餅を食べたり、明月を楽しんだりし、この風習が世世代代に受け継がれてきた。中秋節は全世界の華人たちが一家団らんを祝う美しい祭日である。中秋節は中国の人々が親睦や民族の団結、国家の統一を祈念する願いの日でもある。

ちなみに三秋とは、七(初秋)、八(中秋)、九月(晩秋)のことをいいます。中秋の節は、旧暦8月15日の満月の日とされ、今年2011年は9月12日の月曜日に当たります。

ところで、中秋というと「中秋の名月」として日本でも月を楽しむ風習がありますが、もとは中国から伝わってきた慣習だそう。日本と中国の「お月見」は微妙に違うようです。その違いをウィキペディアから引用してみます。

日本のお月見

月見日本.jpg日本では月が見える場所などに、薄(すすき)を飾って月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、御酒を供えて月を眺めた(お月見料理)。

この時期収穫されたばかりの里芋を供えることから、十五夜の月を特に芋名月(いもめいげつ)と言う地方もある。また、仏教寺院では豊作を祈る満月法会を催すところもある。

中国のお月見

中国本土・台湾・韓国では中秋節として盛大に祝う。中秋節は祝日となっている。中国では当日、月餅を食べながら月を観る慣習 があったが、近年は月餅はひと月以上前から知人に配るようになったため、中秋当日までに月餅は食べ飽きてしまい、中秋当日には売れ残りを恐れて安売りされるという現象も起きている。台湾などでは、当日屋外でバーベキューをするなどの別の楽しみ方が増えている。韓国では秋夕とその前日と翌日が公休日となるため、多くの企業、施設も休みとなり、帰省する者も多い。

さて今回のタイトル「月餅」ですが、主に中国でのお月見、中秋節のお祝いに食べられる特別なお菓子です。読んで字のごとく、月のお餅、英語でもそのままMooncakeと呼ばれています。この月餅とはどんなものでしょうか。ウィキペディアによると、

月餅1.jpg月餅は中国の菓子の一種。月に見立てた丸く、平たい形は共通であるが、中国各地で大きさ、材料、中に詰める餡などには違いがあり、またそのいわれについても諸説がある。

最も有名な物は「広式」と呼ばれる広東省広州のスタイルで、柔らかめの餡や皮を用い、茹でた鹹蛋(xiándàn; シェンタン。アヒルの卵を塩水に漬けたもの)の黄身を入れたものに人気がある。小豆餡の他、ハスの実の餡やナツメ餡なども一般的である。一方、北京など北方の物は一般的に水分が少なめの餡を使い、クルミや松の実などのナッツを入れたものが多い。水分が少ない分、保存性は比較的高い。

聞いただけでお腹いっぱいになりそうな、実にボリューム満点のお菓子です。餡はぎっしり詰まっていますし、その餡の原材料から見てもいかにもカロリーが高そう。餡のみならず、砂糖とラードもたっぷり使っているそうで、一説によると月餅ひとつはうな重ひとつ分とも、ご飯4杯分とも言われています。ひとつで700キロカロリー以上確実のお菓子というわけです。

我が家でも9月に入ると親戚友人職場などから、様々な味の月餅が集まってきますが、ものすごいボリュームのため、ホールケーキをカットするように月餅を小さい三角錐に切って、いくつかの味を楽しみます。もちろん、お供はお茶。カロリーが高いのもさることながら、重量があって食べるとお腹にずどんと来るので、お茶に油分を流したり、消化を助けてもらいながらいただくのがお勧めですね。

月餅2.jpgタイ語では「カノム・ワイ・プラジャン」、月にお祈りするお菓子と呼びます。タイならではの具として、ドリアン餡というのがありますが、これがまたすごいボリューム。ドリアンはお菓子に加工されるとさほど匂いがきつくないので、思ったより食べやすいですね。その他にも黒ゴマや、プルーンなどがあります。

カロリーは高けれど、1年に1日、月を愛でるお祝いをする特別なお菓子、それが月餅。有名ホテルのパティスリーのものや、タイのファミレスS&Pのものも有名です。是非、お試しください。