タイでイースター

様々な宗教.jpgタイは一般的に、仏教徒95%、イスラム教徒4%、キリスト教徒、ヒンズー教徒ほかが1%と言われています。私の家族も仏教徒で、家には仏間があります。よく行くお寺も含め、家の近辺には仏教のお寺が多くありますが、少し車で行くとイスラムの寺院もありますし、キリスト教の教会も、都心に出る途中に2軒あります。

日本では何となく無宗教な感覚が一般的かと思いますが、タイではそれぞれが自分人の宗教を持っていて、信仰心も厚い。日本からタイにやってきた頃は、「あなたの宗教は?」とようk質問されました。私自身は通っていた学校がキリスト教だったので、何となくキリスト教だと答えていましたが、タイ人と結婚して改宗。今は仏教徒ということになっています。

タイには様々な国からの人が暮らしていますから、宗教も日に様々。うちの住宅街の中には、ヒンズー教を崇拝するインド人の家庭もありますし、仲良しのシンガポール人は毎週日曜は教会へ通い、イミグレーションや空港にはお祈りのための部屋が用意されています。

こういった宗教に対する意識や配慮は日本ではあまり感じませんが、あらゆる国の人が集まるタイにおいては、西洋、東洋、中近東それぞれの地域の宗教を色濃く感じます。

タイのお正月ソンクラーンが昨日終わったところですが、今度はキリスト教にとってとても重要な日がやってきます。それが、今回のテーマ「イースター」です。

イースターとは何か、まずはウィキペディアから一部抜粋。

復活.jpg復活祭(ふっかつさい)はキリスト教の典礼暦における最も重要な祝い日で、十字架にかけられて死んだイエスキリストが三日目に復活したことを記念する。「復活の主日」、あるいは英語で「イースター」とも言われる。復活祭は基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わる移動祝日である・2011年の復活祭は西方教会も東方教会も同日であり4月24日。

西方教会と東方教会では、伝統的に四旬節および大斎の期間中禁じられていた肉、乳製品、卵(東方教会では魚肉も)が復活祭の日に初めて解禁になるため、復活祭の正餐の食卓にはこれらの動物性食品が並ぶ。また、卵、バター、乳などをふんだんに使った復活祭独特の菓子パンやケーキが作られる。

Easter Egg.jpg復活祭に殻に鮮やかな彩色を施したり、美しい包装をしたゆで卵を出す習慣である。国や地域によっては、復活祭の際に庭や室内のあちこちに隠して子供たちに探させるといった遊びもおこなわれる。近年では卵だけでなく、卵をかたどったチョコレートも広く用いられている。これはもともとヒナが卵から生まれることをイエスが墓から出て復活したことに結びつけたもの、および冬が終わり草木に再び生命が甦る喜びを表したものといわれている。

タイのキリスト教信者や、タイにいる西洋人などにとって、24日のイースターサンデーは特別な一日となります。ウィキペディアにもあるように、当日は朝の礼拝の後にご馳走をいただきます。これにちなんで、バンコク市内のレストランでは、イースタースペシャルメニューが用意されるようですよ。

 グランドハイアットエラワンバンコク

電話:0‐2254‐1234 Easter Festival.jpg

イタリア料理のSpassoでは、飲み物、デザート共に豊富に用意されたイースターサンデーブランチが1490バーツ、ヨーロッパ料理のTablesではワイン付きの特別ブランチが1750バーツ。また、エラワンベーカリーでは、既に4日からイースターにちなんだパンやお菓子、チョコレートなどが25日まで1つ150バーツから販売されています。

Cafe G @ホリディインバンコク

 電話:0-2656-1555

HI.jpg4月24日のイースターホリデーに、なんと「不思議の国のアリス」をテーマとしてスペシャルサンデービュッフェが開催されます。子供達には、ゲームなどのお楽しみが盛りだくさん。大人も、各国料理がビュッフェで楽しめるそうです。大人は799バーツですが、プラス599バーツでアルコール飲み放題が付きます。子供は1歳~6歳が399バーツ、7歳~12歳が599バーツ、13歳~18歳が699バーツで、イベント参加やお土産も代金に含まれています。

このレストランは、普段からとてもお得感覚でおいしいビュッフェを開催していることで有名。子供を遊ばせといて、大人はワイン飲みながらサンデーブランチ、というのもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

他のサイト記事

มิโกะ (miko)

มิโกะคือหญิงสาวเป็นหญิงสา...

ทำไมคนญี่ปุ่นอยากทำงานในประเทศไทย

มีหลายเหตุผลที่คนญี่ปุ่นอ...

アソークと子ども

16日の土曜日は、サーミットタワー10階にある図書...

アロマオイル

アロマッポトを買ったら、次は、アロマオイルですね。...

Phanom Rung historical park

Phanom Rung or, with its...

ワットポーへ久し振りに行ってみました。

タイに訪れる人は、かなりの確立でワットプラケオやワ...

Thai Etiquette in Brief 1 (Respect Monk)

The national religion of ...

日本へ旅行

最近なぜか私の周りのタイ人は日本へ旅行に行く人が多...

タイ人の恋愛

日本人とタイ人のカップルはものすごく多い。...

外国人参政権問題、地方の意見関係ない!

平野博文官房長官は27日の記者会見で、政府が永住外...

ビザ取りツアーでも大変

 バンコクからのビザ取りツアーでビエンチャンに乗り...

タニヤの名物社長、自宅で焼死9

 火災現場のコンドミニアム「サイアムペントハウス」...

日タイの文化の違い4

 「キンカウヤン」に対して、普通の人は「キンレオ」...

ベトナムの石油と石炭21

 バクホー油田で二酸化炭素注入の実験を行ったのは、...

ムエタイ②

テレビでもよく外国人が登場します。...

【海外こぼれ話】不幸中の幸い

もう服をきさせなければいいと思う。...

プラーチンブリー続き⑤

最後のアクティビティーはペイントボール。でもペイン...