Duhiru(ドゥーハイル)

観光目線.jpgタイのテレビ番組で日本を見る機会といったら、まずは旅行番組。週末になると、旅行紀行ものが多いのはタイも日本も同じようで、まだ行ったことのない日本の様子を、こちらのおばあちゃんに見せてあげられるのはいいものです。東京をはじめ、京都、奈良、北海道などを紹介しながら日本の四季が見れるのは、日本を離れて長い私自身も懐かしい気分で楽しめます。

また、我が家が加入しているケーブルテレビには、日本と韓国のドラマと映画だけを流す局があるのですが、こちらは旦那と義理の姉が好んで見ています。観光視線とは違う、日本人視線の日本を見ることができるのが良いらしい。日本人のライフスタイル、考え方が垣間見えるのだとか。

とは言ってもドラマや映画は作り話。もっとリアルで生で素のノンフィクションな日本を見たい、教えたい、そんな願いが叶う番組がThai PBSチャンネルでスタートします!

■ 番組名 ■

Dohiru Logo.jpgD o h i r u (ドゥーハイル)

タイ語的には 『 ดูให้รู้ = 見て知る・解る 』
日本語と組み合わせて 『 見て(日本に)入る 』
hiruをローマ字読みして 『 昼に見る 』

■ 番組コンセプト ■

タイと日本の関係は、アユタヤ時代より現代に至るまで約600年もの間続いており、日本が最初に外交関係を結んだ東南アジアの国ということもありますが、両国の関係はアジアにおいて最も安定していると言われています。タイから見て日本は貿易額、投資額、援助額ともに第1位であり、タイを訪れる日本人は年間約110万人、タイに長期滞在する日本人は4万人を突破し、政治・経済・文化など多岐に渡って親密かつ緊密な関係を築いています。

日本は長い歴史の中で磨かれてきた伝統の技を現代に進化させたり、時代の流れとともに必要となった先端技術、システム、デザインを生み出しながら発展を遂げました。タイ日両国は互いに学び合う関係ですが、今回この番組では日本の「技」から垣間見えてくる、タイが更に発展を遂げるためのヒントを探って紹介していきます。

■ 放送日 ■

毎週土曜日 15:05~15:30 
初回放送日 4月7日(土)15:05~15:30に決定!

■ 放送局 ■

Thai PBS ( Thai Public Broadcasting Service ) 
タイの全国地上波公共放送局(タイ版NHK)です。

■ 日本からの視聴方法 ■

現地でのオンエアー後にThai PBS のサイトからストリーミング再生が可能です。
Thai PBS → http://www.thaipbs.or.th/

Dohiru視聴ページ → http://www.thaipbs.or.th/Dohiru
(未放送なので今はまだ見れません)

■ 番組内容と放送予定 ■

【 治水対策 】
人口が過密し土地も少なく低地が広がる日本の首都圏。近年は気候の変化によるゲリラ豪雨などが多発していますが、冠水や洪水による水害は昔に比べると少なくなりました。その裏には世界最大級の首都圏外郭放水路など地下に作ったダムの活躍が光っています。地下ダムは地中に水を貯留するため、地上ダムの建設時のように広大な水没地域を伴わず、自然環境を著しく破壊することがなく、住民移転のような社会問題が生じることもないのです。1959年には名古屋で大洪水が発生し約4,000名もの尊い人命が失われました。それを機に全国に河川敷や高規格な堤防が作られるようになりました。普段は市民が散歩やジョギング、釣りやスポーツなど何気なく利用している河川敷が実は地域全体の非常に優れた洪水対策であったのです。昨年はタイで大洪水が起き、東日本大震災に続き世界の注目を集めました。タイは世界で5番目に雨量の多い国です。日本の水害対策が参考になればとの思いを伝えた上で特別に取材させていただきました。

【 折り紙 】
古くは平安時代から、伝統の遊びとして日本人が親しんできた折り紙。現在では日本語の「折り紙」という言葉が世界に浸透しており、欧米をはじめ多くの国で「origami」という言葉が通用するほどです。しかしその折り紙の研究が数学的側面から意外な方向へと進み、とうとう世界の最先端技術として利用されるまでになりました。小さくて細い入口から挿入し内部で拡張できる「人工血管」、コンパクトでいかに素早く折り畳んだ状態から展開できるかが課題であった「宇宙船のソーラーパネル」や「宇宙ヨットの帆」など用途は様々です。東京大学や宇宙航空開発機構(JAXA)を訪れ、開発者にインタビューを行い折り紙の秘密に迫ります。

【 ゴミ処理 】
経済の発展や人口の増加に伴う大量生産と大量消費により発生するゴミの処理には各国が頭を悩ませています。避けては通れないゴミ問題。タイでもゴミの量が年々増加傾向にありますが、未だ家庭内や事業所内での分別の意識は低く、処理施設に持ち込まれても処理量が規定を超えると施設外で安易な焼却を行い、ダイオキシンなどの有毒ガスが発生し、人体や環境に大きな影響を及ぼしています。日本では高度経済成長時代(1950~70年代)にかけて大気汚染や水質汚染などの公害が甚大な被害をもたらしたという過去がありますが、社会に対する意識改革と技術の進歩により大きく改善し、現在では世界でも高い環境基準と環境意識を持つ国へと成長しました。高い環境基準を満たしている日本のゴミ処理技術とシステムを実際の現場からリポートします。

【 警察 】
個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締りその他公共の安全と秩序の維持を責務とし、国内の治安維持にあたる行政機関「警察」。世界的に見ても犯罪検挙率が高く、クリーンで組織力が高い日本の警察の技術と知識は注目されており、タイを始め東南アジア諸国より薬物取締り、犯罪鑑識、交通管制、交番制度、警察通信、組織運営等の分野で支援や協力の要請が相次ぐほどです。日本人にもあまり知られていない日本の警察の内部を取材し、その組織や体制を紹介します。

【 その他 】
今後の放送予定として「ラーメン」、「学校」、「防災意識」、「ルールとマナー」など、タイ国とタイ人にとって面白くてためになるコンテンツと社会や生活そして人生を豊かにするヒントが満載の内容でお送りいたします。普段、ずっと見ているからこそ当たり前ゆえに気付かなかった事、距離を置いてみて初めて分かる事など日本人の皆様にとっても興味深いテレビ番組ですので、ぜひ一度ご覧下さい。

この番組をタイ人と一緒に見ながら、もっとお互いの理解が深まるといいですね。