エアポートリンクの頑張り

がんばれエアポートリンク!.jpg2010年8月23日に開通した、スワナプーム国際空港とバンコク都心部をの中心部を結ぶ高速鉄道、エアポートリンク。タイを訪れる外国からの観光客の足として、またバンコク郊外に住む市民の足として、大きな期待とともに運行がスタートしましたが、スワナプーム空港オープン直後の頃のように、次から次へと問題が沸き起こり、経営は大赤字だそうです。

車両も駅も先鋭的なのに、それを取り巻くサービスや利便性に問題があり、運営するタイ国鉄も試行錯誤を続けています。

当初はスワナプーム空港駅とパヤタイ駅の両終点を各駅で結ぶCity Line、ノンストップで結ぶExpress Lineの2種類の電車を走らせていました。ところが、パヤタイ駅はBTSの駅と接続してはいるものの、大きなスーツケースを担ぐ人は、1台しかないホームからのエレベーターに行列を作り、無事降りた後はエスカレーターか階段のBTS駅を利用しなければなりません。またパヤタイ駅のあるパヤタイ通りは、バンコクの中心サイアムに向かう道とあり、常に渋滞。タクシーはあるものの、場所と時間によっては目的地まで行きづらい。

また空港からパヤタイ駅までCity Lineが45バーツ、Express Lineが150バーツ、そこから更にタクシーに乗るのであれば空港から手ぶらでタクシーの方がよっぽどコストパフォーマンスが高い。

所要時間で見ると、City Lineが30分、Express Lineが18分。Expressに乗れば確かに早いですが、パヤタイ駅の混雑の中タクシーを探す、そして渋滞に巻き込まれる、ましてやぼったくりタクシーに乗ってしまったりしたら元も子もない。

そんな訳で、昨年後半から途中のマッカサン駅まで空港から直通で15分の新たなExpress Lineが運行を始めました。このマッカサン駅は、エアポートリンク開通時には空港と同じくチェックインができるというのが話題になり、ここで荷物を預けてあとは身一つで登場口まで行ける便利さが売りでしたあが、実際は全くと言ってよいほど機能せず、最後に残ったタイ国際航空のカウンターだけが淋しく開いている状態。

マッカサン駅の外観.jpgスワナプーム空港を彷彿とさせる、大きなドーム型屋根が付いたこの駅ですが、建設中は近くを走る高速道路から見えるたびに、 ショッピングモール併設なのかな、駐車場広いんだろうな、などなどオープンに期待を膨らましていましたが、開いてみればそこはただ広いだけの駅に過ぎませんでした。

相当な費用を掛けただろうチェックインカウンターとその周辺は、実に広いスペースがとられているのですが、利用者がいないそこはただの空間。通り過ぎるたびに、冷房は電気のムダにならないのかと余計な心配をするほどです。

ただこのマッカサン駅、MRT地下鉄のペッブリー駅に近く、利用者が多いのは事実。スクンビット方面に出る場合は、パヤタイまで行ってBTSで戻るより、ペッブリー駅からMRTに乗って隣の駅はBTSアソーク駅と直結したスクンビット駅という便利さがあります。

ところが、なんです。マッカサン駅で下車後、表に出るとエアポートリンク線路の真下に出るのですが、そこからアソーク通りまでけっこうな距離がある。徒歩で5分弱、アソーク通りに出たら列車の線路を車やバイクを避けて渡り、少し歩いてよやく地下鉄の入り口に入ります。タイの地下鉄は、とにかく深いところにありますから、高架線のマッカサン駅ホームからペッブリー駅ホームまでたどりつくには10分は掛かるんですね。

Shuttle Bus2.jpg日本にいた頃を思えば、これくらいのことはどうということは無いのですが、暑さが激しい日中や、雨の日などは長く感じる。空港のように、歩く歩道付きのスカイウォークでもできないものかと思っていたのですが、先日久しぶりにこのルートを使おうと降り立ったら、なんと送迎サービスが!

Shuttle Bus3.jpgマッカサン駅の出口からアソーク駅までの直線を、1分も掛からず送迎してくれるシャトルバスサービスが開始されており、一度に12人程乗車できるバスでピストン輸送している。しかも無料。車体にはタイガーバームやAir Asiaの広告がびっしり。ちょっとの距離ですが、実にありがたいサービスがいつの間に始まっていたようです。

また、私が利用した日はマッカサン駅の広いスペースを使って絵画展が開催されており、王様の長寿を願うピンクのポロシャツなどの物販スペースも。こういう利用の仕方はいいですね。

マッカサン駅構内.jpgよく考えてみれば、デパートみたいに広い駅なのですから、カフェ、レストラン、美容室、コンビニがあっても良さそう。そうすれば、エアポートリンク利用者のみならず、近隣のオフィスで働く人たちも利用するのでは。日本では今やどこもかしこも駅ビルが立ち並び、その便利さを知っているだけにマッカサン駅にも同じものを望んでしまうのは私のエゴかもしれませが、でももしここに本屋があって、ネイルもできて、Wifiフリーで・・・とつい便利に生まれ変わったマッカサン駅を希望的願望とともに想像してしまうのです。がんばれ、マッカサン駅!