90日申請 1

90日ごとです.jpg私のビザの形態は「ノンイミグラントOビザ」です。Oビザには、私のようにタイ人の家族を持つ家族ビザと、ワークパミット取得者の家族に与えられる就労者家族ビザとがあります。

タイにいる限りは、どちらも1年に一度イミグレーションでビザの更新をしますが、更新後も毎90日ごとにタイでの住所を申請する必要があります。

それが通称90日申請、正式名称外国人居住登録です。

ビザほど大きくアナウンスされていませんが、パスポートに押されたビザスタンプの備考欄に、

-Notification of residence must be made every 90 days.

と記されています。

ウェディングドレスタイ.jpgタイ人の旦那と結婚し、自力で無事Oビザを取得したところまではよかったのですが、大きな声では言えませんが、実は90日申請のことは当時知りませんでした。ビザの取得でお世話になったイミグレーションの係員も何も言わなかったし。

ビザがもらえたことで満足し、そのビザスタンプをまともに見ていなかった私が悪いのですが、知らないままに90日が経過し、180日が経過し、なんと1年近くが経過したところで、同じくタイ人旦那を持つ日本人の友人が一言、

「次の90日申請いつ?近かったら一緒に行く?」

「何それ?」

と私が答えのは言うまでもありません。

Oビザをもらった後妊娠出産し、出生証明書だの日本とタイ両方の戸籍関係だの、難しい手続きを旦那と二人でやり遂げたのに、自分自身の90日申請のことは友人に言われるまで、その存在すら知りませんでした。お恥ずかしい。

現在はジェーンワタナの政府合庁舎に移ったイミグレーションですが、当時はスワンプルの小さくて狭い建物。1階がビザの手続きで、2階に行く階段の近くに「90Days何とやら」という張り紙が出ていたのは、うっすら記憶にあるのですが、まさか自分に関わるものだとは思ってもいなかったのです。

90イラスト1.jpgさて、90日申請を4回以上すっぽかしている私は、件の友人に相談。実は知らずに申請を怠っている間日本にも帰っていて、タイ日本両国でパスポートをチェックされているにも関わらず、スルーだったのが不思議。空港ではチェック対象にならないのかもしれません。

友人いわく、90日申請をしていない期間は長いけれど、Oビザを保持したままリエントリーパミットを行使して一度出入国をしているから、申請は最後にタイに入った日にちからの計算になるのでは、とのこと。ほほぉ、そうすると1年以上の期間が半分くらいに縮小されます。それにしても、90日は越えてしまっていますから、おそらく罰金対象にはなるだろうとのこと。

どうしようと悩んでいる間も、罰金対象の日は伸びるばかりですから、じゃあもう開き直ってイミグレーションに行って来るしかないね、と一人で行ってきました。

90日申請はビザの申請や受理と違い、待ち人数は多いものの待ち時間は大したことありません。どきどきしながら待っていたらあっという間に自分の番号が呼ばれ、心なしか小さい声で、

イミグレでのチェック.jpg「90日申請に来ました」(皆そうだから、言わなくてもわかるのに言ってしまった)

「前回の領収書は?」

「・・・・・・・」(前回も何も、今回が初めてとは言えずしょうがないので無言)

「はい、じゃあ、罰金2千バーツ払ってきてください」

「はい」

金額もショックでしたが、罰金を科せられたことがショックでした。人生初の罰金ですよ。悔しさを胸にATMでお金を下ろして、罰金を払うセクションで支払い、その領収書を持って再び90日申請の窓口へ。

「じゃ、次回はこの日に来てください」

と、90日申請の用紙の下部分の受理書に、90日後の日付のスタンプを押して渡されました。

今回はしっかり見ましたよ、赤いそのスタンプの下に、はきりと

-The fine of Overdue Notification is not exceeding 5,000 Baht.

千バーツ.jpg2千バーツで済んでよかったですが、もし私が大真面目に「実はまだ一度も90日申請していません」なんて答えてたら5千バーツになってたのかもしれない。係員のおばさん優しそうだったから、もしそうなっても泣き落としたら半額位になってたかもしれない、とタラレバであれこれと最悪のケースなんかも考えてみましたが、

その日以来、カレンダーの毎90日の日付は大きく赤丸し、当日に必ず申請しに行っております。

日本人妻、忘れちゃならない、90日申請

他のサイト記事

ตลาดปลาสึคิจิ ( Fish Market at Tsukiji )

ตลาดปลาสึคิจิ...

โอกินาวา มนต์เสน่ห์แห่งเกาะใต้

เกาะใต้ที่งดงาม เทียบได...

金城

プラカノンのソイ69にある沖縄料理店「金城」へ行っ...

RCAの中へ

「RCA」にはたくさんの店があるので、ひとりだと、...

Fish sauce or Nam pa

Fish Sauce, or "Nam Pla" ...

Must See and Must Go 42 - Giant Swing

In Bangkok, if you have b...

保健省、子宮けいガンに警鐘

保健省医療局のワンチャイ副局長は2月8日に開かれた...

Nakhon Pathom

Nakhon Pathom is one of t...

コピー物のバック

こちらタイでは、ブランド物の偽物バック、いわゆるコ...

タイ 駐在員

私が今一番仲良くしている日本人はある駐在員のおじさ...

ミャンマー難民の面接開始へ!

日本政府は2月2日から、タイ北部メソト市の難民キャ...

一番安いアパートは

 ふくちゃんも一時期、アパートを借りたことがありま...

タイの祝日6

 一方、仏教的理由の祝日は、陰暦次第で毎年日程が変...

ジスプロシウムと自動車12

 将来的には、日本からの輸出に頼っているタイ向けカ...

じゃぁいい映画は?

記事の最後にチョロリといい映画情報が。やはり悪いも...

危ない!

怖い。...