タイから日本を支援する 1

タイの人、企業による日本支援の動きが続いています。今日は、BTSサイアム駅前のパラゴンデパート前の広場で、有名人によるオークション、チャリティが行われました。

夕方はタイのローカルチャンネルは、どこもニュース情報番組となりますが、8割以上が日本の地震のニュースとなっています。また、画面の下には一般視聴者からのメッセージが流れるのですが、日本に対するお悔やみの言葉や、激励の言葉ばかり。

巨大地震、巨大津波、そして原発での事故。とにかく便利で、テクノロジーが発達したというイメージの日本ですが、自然の猛威にただただニュースを見守るしかできません。ひっきりなしに流れる、本当に悲惨で信じたくない映像を見ながら、タイにいるタイ人も日本のためにと立ち上がっています。

Newsclipウェブ版より

Paragon.jpg16日、バンコク都心のショッピングセンター、サイアムパラゴン前にタイの有名ミュージシャン、俳優、タレントら約100人が集まり、買い物客らに東日本大震災の被災者支援を呼びかけた。会場には数千人が詰めかけ、3000枚を用意した特製Tシャツを1枚300バーツで販売したところ、10分で完売した。Tシャツの売り上げは、コストを引かず、全額災害支援に寄付される。

 ミュージシャン、俳優らはその後、2手に分かれ、バンコク高架電車BTSとバンコク地下鉄MRTの駅や車内で募金活動を行った。

 今回の募金活動は男性タレントのウッディーさんの呼びかけで実現した。タイの芸能界は所属事務所、テレビ局ごとに線引きが厳しく、異なる事務所の芸能人が一緒に活動するケースにまれだが、今回は犬猿の仲といわれる大手芸能事務所のグラミーとRSの芸能人がそろって参加するなど、従来の枠組みを越えたものになった。

NNA.ASIAより

東日本大震災を受けて、タイ国内でも義援金募集をはじめ支援の動きが広がっている。盤谷日本人商工会議所(JCC)やタイ国日本人会が、募金箱設置や銀行振り込みの受け付けを開始したほか、タイ外務省や地場の銀行、企業なども続々と支援を表明している。

日本人会では、バンコク都内にある同会の本館・別館のほか、フジスーパー各店、ブックオブワールド、クラブタイランドなどに募金箱を設置したほか、15日から同会窓口での小切手受け付け、カシコーン銀行(KBANK)の口座での振り込みによる受け付けも開始した。口座番号など詳細は同会のウェブサイト(http://www.jat.or.th/)まで。

同行のほか、三菱東京UFJ銀行バンコク支店、三井住友銀行バンコク支店、みずほ銀行バンコク支店、バンコク銀行(BBL)でも口座開設の手続きを進めている。受付期間は来月20日まで。同会以外に設置されている募金箱は早めに回収する場合もあるとしている。集まった義援金は、日本赤十字社を通して寄付する。

同会の磯田博之事務局長は「日本から遠く離れたタイにいるが心は一緒。微々たるものだが、日本人としてタイから精いっぱいの支援をさせて頂きたい」とコメントした。震災の後、多くの在留邦人から義援金募集などの支援実施について問い合わせがあったという。

またJCCも15日、小切手による義援金の受け付けを開始した。当面は来月8日まで受け付ける。振り込みでの寄付は不可。また、物品の寄付も受け付けない。

JCCでは、日系企業全体の義援金額を把握するため、事務局への「寄付連絡用紙」の提出を求めており、ウェブサイト(http://www.jcc.or.th/)から所定用紙をダウンロードできるよう準備する予定だ。

■オイシ、売り上げを寄付

タイ外務省、タイ赤十字社も振り込みによる義援金受け付けを開始した。両機関の振り込み方法など詳細は、JCCウェブサイトで公開する。ほかバンコク銀行も義援金受け付けの口座を開設し、今月31日まで受け付ける。詳細は同行のウェブサイトまで。

地場の民間企業でも、飲料製造・飲食店チェーンを展開するオイシ・グループ(OISHI)や、流通大手セントラル・グループなどが、傘下の飲食店、商業施設で募金を開始すると発表。オイシは傘下の日本料理店の今月15~31日の売り上げのうち5%を寄付するほか、自社が開設しているフェースブックの「いいね!」を閲覧者がクリックするごとにオイシが10円を寄付するキャンペーンも展開する。

■らーめん・チャンピオンズは全額

またオイシの創業者で実業家のタン氏は、都内スクンビット通りで自らが手掛ける飲食店街「らーめん・チャンピオンズ」にある全6店の16~22日の売り上げを全額、仙台市に寄付すると発表した。一般市民からの義援金も受け付ける。タン氏は今回の震災について「国際社会の一員として被災者支援に参加したい」と語り、協力を呼びかけた。

このほか、民放チャンネル3、同チャンネル7、サイアム商業銀行(SCB)などが次々と寄付金募集を発表している。

微々たる額でも、できる額を日本の復興に役立てたい、この思いはタイにいるタイ人も外国人も同じように思っています。

 

他のサイト記事

จดหมายฤดูร้อน (shochu)

ในช่วงฤดูร้อนของญี่ปุ่น ...

หลักการจำ11

สมมุติคำศัพท์ยากๆ อย่างเช...

ママズゲストハウス

アパートを借りる前、タイに来たときにいつも泊まって...

ワット パイローム

「ワット プラ トム ジェディー」を出て、違うお寺...

Si Sa Ket

Noted for its numerous Kh...

シーチャン島

多分、バンコクから一番近い島なのかな、と思うけれど...

タイ 駐在員のおじさまとお出かけ その6

寸法を測定した日から2週間がたち、仕立て屋から連絡...

Bamboo Shoot Yum

Sup naw mai is a Northeas...

Ko Samet : Rayong 2

The island is famous amon...

タイ語のきまり文句(7)

買い物をする時には「いくらですか?」とたずねる事が...

タイ 面接

タイで初めて面接に行ったとき、日本人の女の子と友達...

星雄は江夏級!

松坂大輔投手(29=レッドソックス)が西武入りした...

スリンのナイトマーケット

 象祭りのない季節のスリン市で、楽しみは土曜日の夜...

WindowsMeが残っている

 Win98の後、XPが出るまでの過渡期に登場した...

サマック元首相死去6

 サマック氏の実家はラマ6世王の時代に侍医を務めた...

サッポロビールが参戦3

 しかし、サッポロビール自体が出資しての工場となる...

間抜けな強盗、逃走途中に転んで逮捕

まぬけでかわいい泥棒です。...

気管にエビを詰まらせた男性、無事生還

もちだけじゃありません。...

故森繁久弥

こういう記事を見るとよく思います。...