ガソリン値下げ

タイのガソリンスタンド1.jpgインラック首相が誕生して約3週間。当初は公約の実現に関するニュースが続いていたものの、気づけばタクシン贔屓と思わざるを得ない動きばかりが目立つこのごろですが、我が家のひいおばあちゃんはそんな報道を見ては「ああ、もうタイの政治にはうんざりだ」とぼやいています。

そこへタイママが「ほらほら、国民にとってもいいことしてるじゃない」と指差したテレビでキャスターが伝えていたのが「ガソリン値下げ」のニュース。なんかこれって飴とムチの飴?という感じもするのですが、旦那曰くガソリンスタンドがどこも大盛況だそう。実際のところはどうなんでしょう。

NNAより

インラック政権がガソリンと軽油価格を引き下げたことで波紋が広がっている。給油所ではガソリンの売り上げが急増する一方、エタノール混合ガソリン「ガソホール」の販売が大きく落ち込み、政府は急きょガソホールについても値下げに踏み切ることを決めた。石油元売りやエタノール精製業者からは、政府が近年進めてきた代替燃料の普及政策との整合性を疑問視する声が上がっている。

 ネーション(電子版)などによると、ピチャイ・エネルギー相は30日、国家エネルギー政策委員会(NEPC)が同日の緊急会合でガソホールの価格を引き下げることを決めたと発表した。

91 95.jpg石油基金への拠出金課税額を減らし、エタノール5%混合の「ガソホール95」は1リットル当たり1.07バーツ(約2.7円)、同10%混合の「ガソホール91」と20%混合の「E20」は1.60バーツ、それぞれ価格を引き下げる。きょう31日から実施する。

 バンチャーク石油(BCP)のアヌソン社長によると、ガソリンが値下がりした27日からの週末はレギュラー販売が200%急増し、ガソホールは18%減少。
格安ガソリンを求める消費者が押し寄せたことに加え、価格差が縮まったことでガソホールユーザーがガソリンに流れたため、両商品の販売バランスが崩れていた。

 国営石油PTTとバンチャークは政府決定に先立ち、30日から自主的にガソホールの小売価格をリッター0.6バーツ引き下げ、レギュラーガソリン(オクタン価91)を同0.6バーツ引き上げていた。

 NEPCは26日に開いた政権交代後の初会合で、ガソリンと軽油に対して石油基金への拠出金と物品税の課税を最大1年間停止することを決定。これにより、ハイオクガソリン(オクタン価95)、レギュラー、軽油はそれぞれリッター当たり8.02バーツ、7.17バーツ、3バーツ値下がりした。

 ガソホールは従来、代替燃料の普及を目的に石油基金からの補助金で安く抑えられていたが、ガソリンの値下がりで価格差が縮小。レギュラーとの比較では7.4バーツ差から0.23バーツ差に縮まり、ドライバーにとってはガソホールを選ぶ利点が薄れていた。

 ■政府、業界と対応協議へ

 政府がガソリン・軽油価格を引き下げたのは、農家やバイク利用者など低所得層に直接的なコスト低減の恩恵をもたらし、同時に公共交通や物流価格の値下げも誘導することで、新政権が掲げる国民生活の負担軽減につなげる狙いとみられる。ただ、政府は長期戦略として代替燃料の普及を掲げてきた経緯があり、来年末までにレギュラーガソリンの販売終了を表明していたバンチャークなどの石油各社や、エタノール精製業者は対応に苦慮している。

 エタノールも手掛ける製糖最大手ミトポン・シュガーのクリサダ社長は「政府は市場を混乱させるメッセージを発してしまった」と批判。「再生可能エネルギーを普及させると言いながら、石油燃料を値下げしている」と政府の矛盾を指摘した。

 同社長は、ガソホールの売り上げが減ることでエタノール需要が落ち込み、精製業者の倒産につながると予測。原料となるモラセス(糖みつ)の価格は50%値下がりし、サトウキビ生産農家にも影響が及ぶとの見通しを示している。

給油しなくっちゃ.jpgこうした状況を受け、ピチャイ・エネルギー相は29日、週内に関係業界とガソホールをめぐる対応を協議する考えを表明した。

 エネルギー相は、ガソリン免税は最大1年の時限措置であるとした上で、その間に長期的戦略に基づく燃料価格の見直しを実行する意向を強調。「再生可能エネルギーの将来性は明確で、業界に打撃を与えるつもりはない」と述べた。

国民のためによかれとガソリンの値下げをしたものの、兼ねてから政府が掲げてきた代替燃料普及政策に矛盾をもたらす結果となりました。というのに気づいて、慌ててガソホールも値下げしました、という感じが否めません。

また、ガソリン免税が今回の値下げを実現させていますが、先の最低賃金引き上げを支える法人税引き下げなど、国に入ってくる税金を減らしまくっているような気もします。今回のガソホールの追随値下げも然りですが、この先財政が圧迫され、やっぱり値上げということになったりしませんように。