総選挙に向けて 2

Yingluck Poster.jpg7月3日の総選挙に向けて、各政党、各立候補者が選挙運動を繰り広げています。前回のブログ(http://www.thaiworker.net/cat592/election-july-3rd-1.html)では、我が家近辺にはやたらと睨みを飛ばしているチューウィット氏の立て看板が多いことを書きましたが、次に多いのがタクシン元首相の末妹インラックさん。

当選したら、タイ初の女性首相が誕生する可能性もあり、注目を集めています。最近、テレビなどメディアへの露出も増えていますが、印象は若くて知的なお姉さん、にハイソ~な雰囲気が漂っている感じ。

タクシン氏の妹ときたら、そりゃあ裏でお兄さんが操ってるに違いないと思ってしまうのですが、ここへきて国民の人気が高まっているそうです。

バンコク週報WEB版より一部抜粋

大学の世論調査センター「ABACポール」は5月22日、タクシン元首相の実妹インラック氏の人気が急上昇しているとの調査結果を明らかにした。

 調査は5月16~21日にかけ17都県の2333人を対象に行われた。

インラックさん1.jpg同センターのノパドン所長は、「アピシット民主党党首(首相)の人気はまだインラック氏を上回っているが、以前に比べ下がっている。民主党は選挙戦略の変更が必要」と指摘している。

 前回の調査では、ビジネス関連を除いてアピシット氏の評価がインラック氏を大きく上回っていた。だが、その後、インラック氏がタイ貢献党の比例選名簿1位(次期首相候補)に選ばれたことや遊説を開始したことなどがマスコミで大きく取り上げられ、知名度・関心度が高まり、今回の調査では、あらゆるカテゴリーで評価がアップした。

先だって行われた、タクシン一族の出身地でありお膝元であるチェンマイでの演説は、大反響だったようで、

Yahooニュースより

7月3日投票のタイ総選挙は、タクシン元首相派野党「タイ貢献党」が党の首相候補にタクシン氏の実妹インラック・シナワット氏(43)を担ぎ、同党がタクシン色を強く打ち出して政権奪回を狙う構図が鮮明になった。

 タイ貢献党は21日、インラック氏も参加してタクシン氏の故郷チェンマイで大規模な選挙運動をスタートさせた。タクシン派が政権を奪って元首相の帰国・復権へ向け動き出すか、反タクシン派が勝利して元首相を再起不能に追い込むのか。タイの天下分け目の選挙戦が本格化した。

 「インラック、ナンバーワン。インラック、ナンバーワン」

 巨大なアーケードの下に、食品や衣料品の店舗が軒を並べるチェンマイ中心部の市場。21日午後、初めての選挙運動でやや緊張気味のインラック氏を市民は熱狂的に迎えた。

インラックさん2.jpg「タクシン氏も選挙になるといつもこの市場を訪れてくれた。妹の彼女なら、首相になってタクシン氏を再びこの国に帰国させてくれるに違いない」。果物売りの女性(53)は目を輝かせた。

 反タクシンの現政権与党「民主党」はインラック氏擁立について、汚職罪で有罪判決を受け海外逃亡中のタクシン氏が、復権へ向けた足がかりにしようと、自身の思い通りに動く肉親を据えたと非難する。

 だがタクシン氏の地盤のタイ北部や東北部では、多くの市民が氏の復権を望んでいる。「タクシン氏を裁いた裁判自体が不公正で、判決は無効だ。帰国は当然。首相に返り咲くべきだ」。薬局を営む男性(40)は話した。

 貢献党は21日夕、チェンマイ市内の体育館で1万人規模の決起集会を開催。インラック氏は「私は女性で政治経験はないが、私の血には政治が流れている。私は兄が首相時代、兄から政治家としての人々への奉仕の仕方を学んだ。兄と同じように私を信頼してほしい」と訴え、支持者の熱狂的な拍手を浴びた。

 インラック氏はタイ初の女性首相候補として、タクシン、反タクシンの垣根を越えて若い世代の人気を集める可能性がある。「アピシット首相はハンサムで英国の学校を出たエリート。貢献党は古いタイプの政治家ばかりだったけれど、若くて美しく、ビジネスの経験が豊富なインラックさんなら、アピシット首相のライバルとして幅広く支持を集められると思う」。今回初めて総選挙の投票権を得た女性(20)は冷静に分析した。

 タクシン色を前面に出した選挙戦は、タクシン氏に反感を抱くバンコク中間層の反発を呼ぶ可能性もあり、貢献党にとっては、もろ刃の剣だ。インラック氏が全国の有権者に新鮮な女性リーダーとして受け入れられるか、あるいはタクシン氏の「代理人」としての立場に終わるか--。どちらに向くかで総選挙の結果が左右される。

演説では、主に「国民にカネを戻す」「薬物を1年以内に一掃する」など、実兄タクシン元首相が在任中に打ち出した大衆迎合策を踏襲する考えを明らかにしたそうです。

インラックさん&現首相.jpg無事演説が終わると、大反響を受けたのに対し、涙ながらに北部の方言を使って感謝の意を表したそうな。兄譲りだよなあ、と思ってしまうのは私だけでしょうか。

ちなみに、反タクシン派の市民民主連合(PAD)は、内部で分裂が起こったり、総選挙そのものをボイコットする呼びかけをしてみたり、ばらばらしてきているようです。

そうなると、現政権VSタクシン派といった構図になるんでしょうかね。

 

 

他のサイト記事

หมู่บ้านนินจา (Ninja village)

หมู่บ้านนินจา...

เทศกาลอะโออิ

เทศกาลอะโอะอิ หรือ เทศกาล...

高橋選手の視聴率は・・・

バンクーバー冬季五輪第7日の18日(日本時間19日...

RCAを出てタクシー

RCAから帰ろうとタクシーを捜しました。...

Baiyoke Tower 2

Baiyoke Tower2 or Baiyoke...

保健省、美白目的でのグルタチオン注射を禁止

保健省食品・医薬品委員会(FDA)は2月3日、全国...

Chantaburi

Chanthabur is administrat...

タイ語で交渉

バンコクで生活するようになって数年。初めは全然話せ...

タイ ついに引越し

今私はタイ人の友達の部屋に住まわせてもらっている。...

今田竜二、単独首位に浮上!

カリフォルニア州にあるトリーパインズ・ゴルフコース...

引きこもりの気持ちがわかる場所

 そんな沈没組にとって、同じような境遇の日本人と話...

タイの祝日9

 この3つの理由のどれにも当てはまらないのが、大晦...

ジスプロシウムと自動車15

 ドンパオのあるライチャウ省はベトナム北西部の山岳...

カッとなった男性が女性と連れ子を銃撃、1人死亡

タイ人が切れやすいのはなんででしょう。切れやすいと...

タクシー以外の出産

タクシー内で出産のニュースはたまにありますが・・・...