BTS延長部分大混雑

もう乗れません.jpgつい先日のブログで紹介しましたが、

http://www.thaiworker.net/cat593/bts-to-berin.html

一昨日の母の日に開通したばかりの、BTSスクンビット線オンヌット-ベーリン間ですが、ものすごい混雑だそうです。

オンヌットに住んでいる友人が「いつもどおりに通勤で乗車したら、半端ない混雑。始発で座れたのが、今じゃ乗り込むのも大変だ」とぼやいておりました・・・

Newsclipウェブ版より

バンコク高架電車BTSのスクムビット線は15日、12日(タイ王妃誕生日で祝日)に延伸区間が開業した影響で混雑が悪化し、朝夕のラッシュ時には列車に乗り込めない人が続出した。BTSは独シーメンスに車両を追加発注しているが、納車が始まるのは2012年末からで、当分の間、朝夕は東京並みの混雑が続く見込みだ。

延長された区間(ふくちゃんのサイトより).jpg延伸区間は既存のオンヌット駅から、バンジャーク、プヌウィティー、ウドムスク、バンナー、ベーリンの5駅、5・3キロで、幹線道路のスクムビット通り上を南北に走る。沿線には住宅地が広がる。延伸区間の運賃は来年1月1日まで無料。

年内いっぱい無料運転をしているのもあるのでしょうが、もともとアパートやコンドミニアムが立ち並ぶ人口密度が非常い高いエリアなだけに、これまでバスなどを乗り継いでオンヌット駅まで出てきた人たちが一気にBTS流れてきたと思われます。

実際の状況について、次のブログで詳しく書かれていました。

Travelers Supportasiaより一部抜粋

BTSグループホールディングス(チャトチャック区、SET上場)は、工事を進めていたスクンビット線延長1期部分(オンヌット~ベーリン)を、首都圏政庁から予告されていた通り昨日8月12日から営業開始しました。

 BTSの路線延長は2年前のシーロム線延長1期部分(タクシン橋~ウォンウィエンヤイ)以来で、スクンビット線はモーチットからベーリンまで22.3km、途中の駅も22ヶ所に増えました。シーロム線も含めると、総延長31km、駅数30の充実のネットワークになります。

Taurusさん/バンナー区 からの投稿です)
 8月12日に開業したBTSスクンビット線延長1期部分の終点、ベーリン駅近くに引っ越して2ヶ月。母の日の3連休が明けて昨日15日、初めて通勤に使う機会を得ました。
 ベーリン駅では、ふくちゃんも書いていたようにサムロンやパークナムなどサムットプラカン県内からバスで来てBTSに乗り換えるお客様が殺到。バンナー駅やウドムスック駅でもお客様が乗ってきて、バンチャーク駅で周辺企業(DKSHタイ、バンチャーク石油など)への通勤客がぽつぽつと降りていくものの、オンヌット駅に満員で到着した電車は当駅から乗ろうとした乗客の多くを積み残したまま出発してしまいました...

 電車は既存区間と同様、朝夕のラッシュ時には2分40秒間隔で来るものの、3両編成のままというのが痛いです。BTSCさん、早々に4両か設計いっぱいの6両にしてもらわないと、パンクするぞ...

東京並の混雑だそうです.jpgシーロム線で採用されている4両編成を持ってくることはできないのでしょうか。東京並の混雑とは、その昔私も朝の山手線、銀座線を駆使して会社通いをしていましたが、左のNewsclipの写真を見るだけでもわかるように、かなりの押し競饅頭状態のようですね。

開通直後から問題山積み、タイの交通機関にありがちな状況とはいえ、早い改善をして快適なタイの足になってもりたいものです。