カルフールの行方

カルフールがタイ全土から撤退する、というニュースが流れたのが6月下旬のこと。我が家のあるバンコク郊外には、車で15分圏内に2軒あることもあり、どこがカルフールを引き継ぐか、というのはとても気になるニュースでした。

タイ全土での店舗数42店舗、従業員約7000人で総額160億~190億バーツと見積もられるショッピングセンターをめぐって、フランスのカジノグループ(小売)、タイのバーリユッカー(総合商社)、PTT(石油・ガス)、セントラルグループ(小売)らが入札に名乗りを上げていましたが、結局消費者にとっては「あんまり代わり映えしないな」という結果となりました。

Logo.jpgカルフールは世界各国にスーパーを展開しており、売り上げはフランスの会社で世界第2位、アメリカの経済誌「フォーチュン」が2004年の「フランスで最も賞賛すべき企業」に挙げたほどの有名なスーパーです。まさに、フランスの顔的企業なんですね。 

日本には2000年に出店されましたが、2005年にイオンに売却され現在はありません。タイでは、大きな幹線道路を走ってると必ず見かけますし、いつ行ってもけっこうな人出、タイでの業績は決して悪くないと思うのですが、インド、中国などに経営資源を集中するという理由で、タイ、マレーシア、シンガポールの3カ国からの撤退が決定されました。

中国などに集中とありますが、中国では2008年にサルコジ大統領が中国を避難する発言をしたことを受けて、カルフール不買運動が起きています。ですが、その後四川大地震への義援金を送ったことで関係は修復されたそうで、更なる中国での市場獲得に力を入れるのでしょうね。

Newsclipウェブ版より

仏小売り大手カジノは15日、タイでディスカウントストア(DS)チェーンを運営する合弁会社ビッグCスーパーセンターが仏同業大手カルフールのタイ店舗を355億バーツ(約980億円)で買収すると発表した。買収するのはDS34店など計42店で、2010年の売上高は約300億バーツ。ビッグCはタイでDS69店を展開しており、買収後の経営規模はDS103店、年商1000億バーツ超と、タイDS市場トップの英テスコ(DS91店)に並ぶ。

 ビッグCはDS69店、DS併設のショッピングモール69店、中小型店、ドラッグストアなど計111店を運営。7―9月期売上高は前年同期比2・6%増の166億バーツ、最終利益は23・4%増の5・9億バーツだった。バンコク都心のDSラチャダムリ店は5月のタクシン元首相派の暴動で放火され閉店中で、2011年2、3月に開店する予定だ。

つまり、タイ全土のカルフールがBigCになるわけで、買う立場にしてみればなんだか同じようなもんだ、というのが率直な感想です。

 

Big C.jpg

タイにある大手スーパーといえば、カルフール、ロータスそしてBigCが3大スーパーで、我が家のあるバンコク都市近郊には3軒とも揃っています。どこで買っても大きな差はないのですが、主に週末に行われるプロモーションの内容がテレビCMで流れたり新聞に載ると、例えば「今週はBigCでサラダ油が安いからBigCに行こう」とか主婦はそんな感じで使い分けていると思われます。

PB商品もそれぞれありますが、一般商品より価格は確かに安いものの、これと言って魅力的なものがなく、スーパー同士の差別化に貢献しているようには思えません。

ただひとつだけ、○○の●●がいい、と言えば、それはカルフールのベーカリー。ロータスはなんとなく全体的にスカスカだし、BigCは菓子甘みが強すぎるのに対し、カルフールは食パンも菓子パンもおいしいんですね。タイママ曰く「フランスの会社だからよ」とのことですが、やはりフランスからきたBigCとこうも味に差が出るのにはびっくりです。クロワッサンなんて、パンメーカーよりも安い上においしいですからね。このクオリティをBigCにも是非引き継いで欲しいものです。

来年はバンコクのいたるところに「緑に赤のC」が増えることでしょう。BigCになったら、ローラーブレード履いたままのカルフールダンス(朝と夕方スタッフが揃って踊ります)は見られなくなっちゃうのかな?どこも同じと思っている割りには、ちょっとカルフールに肩を入れた内容となりましたが、一主婦、一消費者として、BigCになっても進化し続けいって欲しいなと思います。

他のサイト記事

ベトナム航空がデルタ航空から成田発夜便を受け継ぐ!

 ベトナム航空が3月から日本線を大幅に増やすなど乗...

เทศกาลเนบุตะ

เป็นงานเทศกาลที่ไม่ทราบคว...

ใส่ยูกะตะรับฤดูร้อน

ชุดยูกะตะ คือชุดกิโมโนสำห...

ニー・ターム・ガリレオ

タイ映画。冒険モノ。 ...

中国正月

中国の正月が近いので、バンコクの街では、色々な正月...

River Kwae Bridge Week

River Kwae Bridge Week he...

Unique Thai Tradition 22 - Lying in Coffin

It would sound scary "lyi...

正直タクシー運転手、観光客に忘れ物届ける このニュースが現地紙一面?

タクシー運転手が、観光客が車内に忘れた現金・貴重品...

歯ブラシ

いつ頃のニュースだったか覚えてないのですが、タイの...

エアロビ初体験

いつもプロンポンの隣のベンジャシリ公園でエアロビを...

タイ カップケーキの店

トンロー53のパクソイ(ソイの入り口)の少し中に入...

タクシン元首相カンボジア入り 国境封鎖か

 カンボジアのフン・セン首相は8日、政府経済顧問に...

Fawn Thai

Fawn is a traditional dan...

Phi Ta Khon Festival: Loei Province

The festival has its orig...

JJマーケット

バンコクに来たら、みなさん必ずといっていいほどJJ...

タイ おいしい日本食

これまでバンコクで食べたスシで感動したことは無かっ...

食品に殺虫剤混入!

タイ保健省は15日、バンコク郊外の大規模市場タラー...

マハチャイからバスで帰る

 マハチャイのあるサムットサコン市は、バンコクの中...

新華僑に支持される世界日報

 その新華僑1世の間でよく読まれているのが、タイの...

タイランドエリートという幻想から

 タクシン・チナワット元首相の時代に、外国人富裕層...

陸路でバンコク~ハノイ2

 バンコクから、タイ国境のノンカイまでは一番安い快...

こんなことになるなんて...

まっっっっったく予想してなかったでしょうね。...