おいしいタイ米1

屋台.jpgもうだいぶ前になりますが、初めてタイに来た最初の食事が「屋台」でした。タイ料理と言えばの「トムヤムクン」「ヤムウンセン」「パッブンファイデーン」など、日本のタイ料理屋で見たこと食べたことのあるメニューを頼みました。

本場のタイがどれだけ暑くて、本場のタイ料理がどれだけ辛いか知らなかった私は、最初の一口でどかーんと頭に突き抜けるものがあり、顔面から汗を滴らせながら、タイの魅力にはまっていったように思います。

タイに住んでいるとよく「何でタイなんですか?」と聞かれます。大都会東京で猛烈OLをやっていた反動もあるでしょうが、最初の頃は「ストレスがたまらない」「おいしいものが安く食べられる」とかそんな答えをしていました。

Overwork.jpgですが長くタイで生活していると「ああ、私は本当にタイに住むべきだったんだ」と思うようになりました。それはですね、「タイにいると心身ともに健康」なんですよ。OL時代は、胃腸をよく壊して入院したこともありましたし、吹き出物もよくできてたし、寝ても寝ても疲れが取れなかった。ところが、タイで暮らし始めてから「体が快調」。人間の基本、よく寝て、よく食べて、よく出すが自然にできるせいか、肌の調子は常に良好、イライラもないし、病気も風邪くらいしか引かない。血流だか、リンパだか、まあとにかく、体の中の代謝や循環がよくなっている気がします。

山田詠美の「僕は勉強ができない」という小説に、「健全な精神は健全な肉体に宿る」みたいなことが書いてありましたが、まさにこれ。体調がよけりゃ、余計な悩みはない、ってなもんです。常夏、という気候も関係しているでしょうが、タイに来てからというものの、思い悩んだり、焦ったり、後ろ向きになったり、自信喪失したりということが、すっかりなくなりました。もちろん、多少の悩みや心配はありますが、ストレスフルなOL時代に比べると、限りなく能天気に近くなったような気がします。

私の健康の源「タイでの食事」とはなんぞや、と思い調べてみたところ、ウィキペディアによると、中国や周辺諸国の料理の影響を受けており、香辛料、香味野菜やハーブを多用し、辛味、酸味、甘味などを多彩に組み合わせた味付けに特徴がある、料理だそうです。日本料理に比べると、確かに刺激はありますが、そんな味のおかずを支える「米」に今日は注目してみたいと思います。

タイ米.gifタイ米は、インディカ米の一種。日本のお米に比べると細くて長いのが特徴、炊き上げたときの水分の量は少なめで、日本米よりも固くパサパサした食感です。

昔、日本で冷夏による米不足が起こった際に、タイ米が大量に輸入されましたが、あのときの評判はすごく悪かった。いろいろ調べてみると、その時の米の質に問題があったようで、その後エスニック料理ブームの到来もあり、タイ料理店やタイ食材店のタイ米のおいしさと香りの高さにはびっくりしたものです。

タイ米.jpg働きまくりのOL時代、タイで口にしたお米の香りを求めては、新宿のアジアスーパーストアに行き、3キロの米を担いで帰ったなあ。炊飯器から漂う、タイの香りにうっとりしては、明日からの活力にしていました。ああ、懐かしい。

その後、毎日おいしい本場のタイ米を食べられるようになれたわけですが、我が家のお米にあの香りはなし。というのも、香りつきのお米は「ジャスミンライス」と呼ばれる特別なもの。何でも、8割が海外への輸出用だそうで、タイ国内では毎日食卓に登るお米の種類じゃなかったんですね。

我が家で食べるお米は、普通のインディカ米。インディカ米にも種類や値段の違いがありますが、タイママは普通の値段でよく売れているものを買っているそうです。これに、ビタミンとミネラルが豊富な黒米を混ぜて炊いています。お米と水の分量は日本米と同じ。炊きがりは意外ともっちり、水分があって、パサパサ感はありません。時々、日本のおかずも食卓に並ぶ我が家にはちょうどいい感じ。

家の外で食べるお米はどうかというと、ホテルや有名タイ料理レストランではジャスミンライスを使っています。一般のレストランや食堂、屋台では普通のインディカ米。カレーやスープなど汁物、こってりしたおかずとの相性がよい。汁気が米自体に入っていかず、米の水分量があまり多くないので、口に入ったときにいい感じにマッチするんですよね。カオパッド(チャーハン)なんか、具材との絡みが素晴らしいこと。てな具合で、毎日タイのお米が血となり、肉となり、な生活を送っている私。健康は「米」から。

 

 

他のサイト記事

ベトナム長期在住の外国人は30万人!

 ベトナムの総人口はこのサイトの記事に何度も繰り返...

ก่อนะจะมาเป็นโตเกียวดิสนีย์แลนด์ 1

เริ่มต้นเมื่อ 21 ปีก่อน ใ...

ร่มญี่ปุ่น

ร่มญี่ปุ่น (คาระคาซ่า) แป...

最近の天気

ここ数日暑い日が続いています。 ...

屋台のすし

タイの屋台では、色々なものが売っていますね。「すし...

Making Merit

Holding a tam boon ceremo...

Activities in Thailand 7 - Scuba Diving

Thailand is the dream des...

グラチャオ(籠詰め合わせ)

この季節、スーパーにいくとどこへ行ってもグラチャオ...

川沿いレストラン

たまたま川沿いにある雰囲気の良いレストランにいきま...

タイで出会った日本人

私には学校以外で知り合った日本人の友達がいます。彼...

タイ ある日本人の男の子の正体

以前、私の勤務する塾にそろばん講師として面接にやっ...

爆弾事件で緊張高まる官庁街

熱狂的なファンが・・・。...

Hundred-year-old Market

The Samchuk market dates ...

The Thai Mealtime

The following description...

サービス精神

タイはおおらかな国で良いところだなあと思うのですが...

タイ アートメイク

私は日本でアイラインとまゆげのアートメイクをしたこ...

遼、卒業式出たい!

米ツアーより卒業式に出たい!! 男子ゴルフの石川遼...

サパンプットで売っている物は

 サパンプットのナイトマーケットで売っている物は、...

バンコクの渋滞はとにかくひどい

 バンコクの市内を移動するときに一番厄介なのが、交...

金持ち旅行者はそんなに減った?8

 リバーシティにある数少ないレストラン「リバーシテ...

ベトナムを新幹線が走る日7

 このために北ベトナムは、当時同じ共産圏だったチェ...

ムーガタ③

タイ風鉄板焼き(訂正済み)の、奇妙な形をした鉄板。...