自然に痩せる食材 1

少ないよね、タイの麺.jpgタイにやって来た頃、2ヶ月で体重が3キロ増えました。当時は現地採用のOL。ランチは会社から徒歩圏内の屋台で麺類かご飯もの。グイッティアオ(米麺)や、バミーギアオ(ワンタン付き卵麺)、ご飯はカオマンガイ(チキンライス)、カオカームー(豚足ご飯)や、その日のおかず2種類と白飯。

カームー.jpg内容だけ聞くとボリュームがありそうなものですが、量が少ない。特に麺なんか5すすりもしたら無くなっちゃうくらいの少なさ。同僚の若い男子に便乗して、お代わりをしたこともありますからね。

夜は予定が無いときは、昼に行く食堂やスーパーでおかずを買い、家でご飯を炊いて食べていました。アパートにキッチンはあることはあったんですが、日本のように都市ガスが無いので料理をしたいんだったらガスコンロか電気コンロ。どちらも面倒で、たまに炊飯ジャーを使って炊き込みご飯を作ったくらいで、当時の私はほとんど自炊とは無縁でございました。

また、接待やら遊びやらで夜の外食も多く、体が重いなあと思って体重計を買って乗ってみたら3キロオーバー。そういえば、大学に入ったときも、社会人になったときもぐぐっと体重が増えた。どうも新しい環境になると太りやすい体質らしい。

その後間食を減らし、ランチのお代わりも自粛して、少しずつ体重を戻していった頃に旦那と出会い結婚。タイの家庭に入り、義理の母が作るバランスの良い食事になって体重は元通りになったのも束の間で妊娠。

体重管理.jpgタイで妊婦になると、回りの人たちに「二人分食べろ」と、とにかく食べさせられます。日本のように、妊娠時の体重増加制限みたいなものがまだあまり認知されていないのか、ものすごい増量しちゃった妊婦さんが多いこと。

私の友人なんか、45キロから80キロ近くまで増えてましたからね。日本だったら絶対にアウトな脅威の35キロ増加。それなのに、安産だった上産後半年で50キロ以下になったというからすごい。

私自身は、日本の妊娠関連本やサイトをよく読んでいましたから、必要以上の体重増加は避けないとと、義理の母にも理解、協力してもらって結局9キロプラスで済みました。これは、タイの人にとっては「全然体重が増えてない」範疇になるそうで、近所の奥さん達から心配されましたね。

見事妊娠線、妊娠中毒症、難産とは無縁に出産。完全母乳だったこともあり、体重はぐんぐん減り続け、産後1ヶ月で7キロ減。いいぞ、私!と思っていたのですが、体重は減っても安産体型のまま。妊娠以前に好んで履いていたスカートやパンツが入らない。子供が寝静まると、それらの服を引っ張り出してきて足を入れてみるものの、パツンパツン。

「体の線が戻らないよお」と回りの人に訴えていたら、

「これがいいらしいよ」と、ある日旦那が仕事帰りに買ってきてくれたのが、ナームサムローン。

サムローンの実.jpgナームは水、サムローンはタイ語の別名プンタラーイと言う、アオギリ科のミフネノキという植物。この実が水に漬けると膨れ上がり、中身がはじけて繊維質がたっぷり出てきます。

実はこのナームサムローンにはたくさんの効能があります。まず喉の痛みや発熱に効き、痰(たん)を取り、目の充血を抑える作用があります。そして、肥満に効果的なんです。

水に漬けると膨れます.jpg実を水に漬けると膨れるのは、寒天のような成分が含まれているため。ですから、ジュースももどろっとしていて腹持ちがいい。食欲を抑えると同時に、腸内のお掃除をしてくれる効果があるんです。

味はほとんど無味で、お砂糖で少し甘くされている程度。飲むゼリーに近いような食感ですから、冷やして飲むと飲みやすいですね。

このナームサムローンを毎朝1本飲み続けてみたのですが、2ヶ月後には妊娠前のスカートがゆるゆるになっていました。産後半年後には妊娠前より体重が落ちたほど。繊維質が多いのでお通じがよくなりますが、便秘薬のようにお腹が痛くなることはなく、体内の毒素をきれいに出してくれる感じがあります。

ナームサムローン.jpgハーブ系ドリンクが売られているお店では大概扱っていて、写真のようなプラスチックボトル入りで10バーツが相場。デパートやスーパーだと、35バーツ位ですが量も多め。また、缶に入ったものもありますね。

今は毎日1本とはいきませんが、マーケットを歩いていて売っていたら必ず買いますね。体の熱分も排出してくれるような感じがして、飲むとすっきりします。

ゆっくりと健康に体重を減らしたい方にお勧めのドリンクですね。

他のサイト記事

ปูยักษ์อลาสก้า

ปูยักษ์ที่ใหญ่ที่สุดในโล...

パタヤーのホテル

年始にパタヤーに行った際に宿泊したホテルがとても良...

休日なのに・・・

4/24(土)洗濯も終わったけど、雨がまだ降ってい...

Wat Traimit

This temple is well known...

タイでも折り紙

折り紙は日本の文化として、たくさんの国で紹介されて...

Saraburi

Saraburi is one of the c...

一人ご飯ができない?

タイ人と共に働いてて思うのですが、全般的にタイ人、...

タイ ついに引越し その5

ヤモリのウンチを発見した私はさっそくその駆除におわ...

テルメで安く済ませるには

 テルメカフェでは、何もないと飲み物を注文させられ...

ベトナムで攻める日系企業2

 それによりますと、今後1〜2年以内に積極的な事業...

ハイチ義援金受付センターがオープン

先日YAHOOのトップに像が募金のお手伝いとありま...

バイクノーヘル率

バイクノーヘル率のニュース。...