タイの2大ファミレス

学生時代に友人達と一夜漬けしたロイホ、ちょっと雰囲気が良くてデートにも使えたスカイラークガーデン、始発待ちのためコーヒーだけで居座ったデニーズ、もうファミレスは卒業だわと誓ったガスト、ファミレスの記憶は私がまだ青かった時代にワープさせてくれます。

タイに来て、すかいらーくがあるのにはびっくりしましたが、ファミレスではなくフードコート(クーポン食堂)のひとつ。照り焼きチキンやハンバーグ、焼きそばなどを鉄板で焼いてくれます。本家すかいらーくからずいぶん逸脱してますな。

日本のファミレスはほとんどが24時間営業ですから、深夜に芸能人に出会ったり、悪そうな人、いけなさそうなカップルがいたり、大久保通りのサイゼリア(今もあるかわかりませんが)なんて、新宿で飲んだら寄らずにはいられない何ともダークな魅力があったものです。ああ、懐かしい。

そもそもファミレスとは、

ファミリーレストランは家族連れに対応した業態ともされ、その料理の幅は老若男女に添ったものが提供される。また多くの客に同時進行で食事が供されるように広い店内が特徴的である。料理の価格帯は概ね大衆的で、質と量共に低価格で満腹感が得られる傾向が強い。

以上Wikipediaより一部引用

一方、タイのファミレスを定義付けるとしたら、質と見た目は良いが量は控えめ、価格は高め、ただし冷房の効いた店内で健全な雰囲気の中での食事が保障される、といった感じになるのではないでしょうか。ファミレスがあるのは、スーパー、ショッピングセンター、デパートの中が多く、独立店舗はあまり多くありません。タイでは、屋台や冷房のない食堂など、「早い、うまい、安い」の揃った店はごろごろあります。ですので、冷房があって綺麗なお皿に乗ってくるファミレスというのは、自ずとグレードがアップされてしまうんですね。

さて、タイのファミレス2大代表として、「S&P」と「Black Canyon」を紹介しましょう。

S&P.jpg

まずは「S&P」。タイにいる人はもちろん、タイに遊びに来たことがある人も知ってるのではないでしょうか。歴史は長く、1973年にオープンしたスクンビット23にアイスクリーム&ベーカリーショップから始まったそうです。レストラン、ベーカリーやソーセージなどを扱う店舗のほかに、ケータリングも行っています。

vanilla.jpg また、S&Pとは別のレストランを国内外に展開していて、びっくりしたのはサイアムやトンローにあるVanillaもS&Pによる経営だったこと。ここのカルボナーラがおいしくて、よくトンロー店に行きますが、S&P看板のレストランも時々出かけますよ。メニューがドリンク、フードと分かれているのですが、どちらも厚みが同じ、つまりそれだけドリンクの種類が豊富なんです。コーヒー系もいいですが、キンキンに冷えたスイカスムージーなんかお勧め。料理は外国人向けタイ料理、タイ風西洋料理ですから、タイに長い私にとってはいまいちパンチに欠けますが、うまくまとまっているかな、という印象。

 

Black_Canyon.jpg 一方Black Canyonは1993年創業、タイ近隣諸国とタイ国内でフランチャイズを展開しており、全部で190店舗あるそうです。S&Pよりも後発ですが、こちらはコーヒーのおいしさを武器にレストラン形態のみで勝負しています。

Black Canyon coffee.jpg タイのアラビカ豆で挽いたコーヒーは確かにおいしいですし、クッキーも付いてくる。それからここはキッズメニューがあるので、子供と二人で出かけたときのランチによく使います。大人用メニューは、ステーキの種類が多かったり、どちらかというと外国人向けなのかな、という感じ。「トムカーガイwithラビオリ(ラビオリ入り鶏のココナッツスープ)」なんか普通のタイの生活してたら出てこないですからね。西洋寄り具合がS&Pより高い一方で、タマリンドジュースがあったりして、S&Pと微妙な差別化をはかったメニューは見てるだけでも楽しいです。

こうして比べてみると、私の中ではBlack Canyonの方が勝っているようですが、実際は2店舗を使い分けています。S&Pはベーカリーがおいしく、カルシウム入りの食パンは必ず買いますし、ツナサンドはコンビニのよりずっとしっとり、子供用に可愛い缶に入ったクッキーや誕生日ケーキを買うのもS&Pです。レストランの方は、ケーキのデコレーション待ちでお茶をしたり、タイ人以外の友人と出かけることが多いですね。トンローソイ25のS&Pは彼等にも喜ばれます。Black Canyonはイートイン専門で利用していますが、独身時代に地方の工業地帯のショッピングモールで入った店はよかった。1人、可愛い可愛いトムボーイ(男性になりたい女性)の店員がいたなあ。あの子どうしてるかなあ。なんとなく庶民派色が濃いBlack Canyonにやっぱり軍配があがるかな。

 

他のサイト記事

カタツムリを生で食べて死んだベトナム人!

 ベトナムでは、野生のカタツムリを漢方薬の一種とし...

อากาศที่ญี่ปุ่น 2

ฤดูกาลแบ่งออกเป็น 4 ฤดูคื...

สะพานสายรุ้ง

สะพานสายรุ้ง (Rainbow Bri...

ママー

インスタントラーメンはタイ語で『バミー クン サム...

カノムクロック

タイのお菓子(カノム)で好きなお菓子に、カノムクロ...

Wat Khun Samut Trawat

Wat Khun Samut Trawat in ...

Activities in Thailand 1 - Thai Cooking Class

Many foreigners and touri...

ビールのセクシーカレンダーに法律違反の疑い

大衆向けビール「LEO」の2010年カレンダーに対...

マコーナの3in1

いろいろなブランドから出でいるコーヒーの3in1で...

誕生日

マンションの向かいに気になる豪邸がある。先日、庭先...

タイ けんぞうの向かいのバー

けんぞうで食事したあと、まだ9時ごろだったので、そ...

第3四半期GDP伸び率+1.3%、2四半期連続のプラス

 タイ国家経済社会開発庁は23日、第3・四半期の国...

The Khlong Lan National Park

Location of The Khlong La...

タイ語の丁寧語

タイ語を丁寧語として話す場合は、男性ならば言葉の最...

タイ インターネットカフェ

バンコクにはあらゆるところにインターネットカフェが...

オートバイ利用者、30%がノーヘル

タイ交通事故リサーチセンターが、ヘルメットの着用に...

二輪専門ナイトマーケット

 ラチャダピセーク通りとラップラオ通りが交差するM...

チャイナタウンらしくなるのは

 ホイクワンのチャイナタウンで、これぞチャイナタウ...

2位の日本も1割以上を占める

 タイランドエリートクラブ会員数のランキング、2位...

陸路でバンコク~ハノイ5

 ですから、ベトナム、ラオスが相互にビザなし渡航を...

ベトナム料理の特徴

先日ベトナムに旅行に行った友人が、ご飯うま~って言...

ようやく!

ようやくタイも涼しくなってきました。窓を開けっぱな...